オペル、「ヴィータ」と「アストラワゴン」に限定車

2003.05.30 自動車ニュース
 

オペル、「ヴィータ」と「アストラワゴン」に限定車

日本ゼネラルモーターズは、オペル「ヴィータ」と「アストラ」の内外装をスポーティに演出した限定車「スポーツエディション」を、2003年5月29日に発表した。販売開始は6月7日からで、限定台数はそれぞれ200台。



 

オペルのコンパクトカー「ヴィータ」と「アストラワゴン」は、日本におけるオペルの売れ筋モデル。今回設定された限定車「スポーツエディション」は、新意匠の大径アルミホイールやキセノンヘッドライト、革張りのスポーツシートなどを装着し、内外装をスポーティーな演出が施された。

ヴィータの限定車「GLS スポーツエディション」(写真上)は、1.4リッターエンジンを積むベーシックな5ドアハッチ「GLS」(4AT)をベースに、新規デザインの15インチアルミホイールで足元をドレスアップ。インテリアは革張りシートが奢られた。ボディーカラーは専用色「ブラックサファイア」と「スターシルバーIII」(通常色)の2色が用意され、前者が黒の内装色、後者はブルーでコーディネートされる。価格は、ベース車より7.5万円高い197.5万円だ。

アストラワゴンの限定車「CD スポーツエディション」(写真下)は、1.8リッターエンジンを積む中核グレード「CD」がベース。エクステリアを、新意匠の16インチアルミホイールやキセノンヘッドランプ、ボディ同色のサイドモールディングがスポーティに演出する。ボディ色は、専用色「ウルトラブルーマイカ」と、オペルブランドのイメージ色「シルバーライトニング」の2色から選べる。インテリアは、ブラックの革内装のみ。価格は、ベース車より13.0万円高い282.0万円となる。

(webCGオオサワ)

オペル:http://www.opel.co.jp/

関連キーワード:
ヴィータアストラワゴンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 「レンジローバー ヴェラール」に3モデルの特別仕様車 2018.5.23 自動車ニュース 「レンジローバー ヴェラール」に「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」の3タイプの特別仕様車が登場。「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2018」の受賞を記念したもので、アダプティブクルーズコントロールをはじめとした充実した装備が特徴となっている。
ホームへ戻る