オペル、「ヴィータ」と「アストラワゴン」に限定車

2003.05.30 自動車ニュース
 

オペル、「ヴィータ」と「アストラワゴン」に限定車

日本ゼネラルモーターズは、オペル「ヴィータ」と「アストラ」の内外装をスポーティに演出した限定車「スポーツエディション」を、2003年5月29日に発表した。販売開始は6月7日からで、限定台数はそれぞれ200台。



 

オペルのコンパクトカー「ヴィータ」と「アストラワゴン」は、日本におけるオペルの売れ筋モデル。今回設定された限定車「スポーツエディション」は、新意匠の大径アルミホイールやキセノンヘッドライト、革張りのスポーツシートなどを装着し、内外装をスポーティーな演出が施された。

ヴィータの限定車「GLS スポーツエディション」(写真上)は、1.4リッターエンジンを積むベーシックな5ドアハッチ「GLS」(4AT)をベースに、新規デザインの15インチアルミホイールで足元をドレスアップ。インテリアは革張りシートが奢られた。ボディーカラーは専用色「ブラックサファイア」と「スターシルバーIII」(通常色)の2色が用意され、前者が黒の内装色、後者はブルーでコーディネートされる。価格は、ベース車より7.5万円高い197.5万円だ。

アストラワゴンの限定車「CD スポーツエディション」(写真下)は、1.8リッターエンジンを積む中核グレード「CD」がベース。エクステリアを、新意匠の16インチアルミホイールやキセノンヘッドランプ、ボディ同色のサイドモールディングがスポーティに演出する。ボディ色は、専用色「ウルトラブルーマイカ」と、オペルブランドのイメージ色「シルバーライトニング」の2色から選べる。インテリアは、ブラックの革内装のみ。価格は、ベース車より13.0万円高い282.0万円となる。

(webCGオオサワ)

オペル:http://www.opel.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
ホームへ戻る