太田隆司「ペーパーアートミュージアム」作品展開催中

2003.05.29 自動車ニュース

太田隆司「ペーパーアートミュージアム」作品展開催中

自動車雑誌『Car Graphic』でもお馴染み、太田隆司氏による「ペーパーミュージアム」の作品展が、神奈川県横浜市の八景島シーパラダイスで、2003年7月6日まで開催されている。


テレビ番組『TVチャンピオン』の「ペーパークラフト王選手権」で優勝したときの作品。東京をPRするポスターとして、都営地下鉄大江戸線全駅に掲示された。

「ペーパーアート」とは、数百に切り抜いた紙を幾重にも組み合わせ、立体的な情景を作り出す作品のこと。クルマをはじめ、豊かな表情を持つひとや動物をも、微妙な紙の曲げ方で表現することができる。




会場では、ペーパーアートの第一人者として知られる太田氏の作品38点が展示されている。それぞれ、「人、車そして無邪気なイヌが織りなす12ヶ月」「ノスタルジックな日本の原風景」「ヨーロピアンモダン」「YUMING DRIVE」「メーキング・オブ・ペーパーアートと特別作品」とタイトルがつけられており、またペーパーアートになった「横浜・八景島シーパラダイス」の制作過程を追うこともできる。


太田氏が制作するペーパーアートは、タテ71cm、ヨコ41cm、奥行17cmの小さな空間に、幾重にもカッティングした紙を重ねて作られる。繊細な情景を描き出すことで定評がある。

■「太田隆司のペーパーアートミュージアム」
・場所:横浜八景島シーパラダイス ベイマーケットB棟2F
http://www.seaparadise.co.jp/index2.html
・期間:2003年5月17日から7月6日
・営業時間:平日10:00〜19:00
      土曜日10:00〜21:00
      日曜日10:00〜20:00
・入場料:500円(4歳以上)

(webCGわたなべ)




この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。