トヨタ「ダイナ」「トヨエース」一部改良

2003.05.28 自動車ニュース

トヨタ「ダイナ」「トヨエース」一部改良

トヨタ自動車は、小型トラックの「ダイナ200」「ダイナ300」と「トヨエースG25」「トヨエースG35」の環境性能を高め、2003年5月26日から販売を開始した。

2.7リッターガソリン、2.7リッターと4.1リッターLPG(液化石油ガス)エンジン搭載の車種が、平成13年排出ガス規制に適合。加えて平成12年基準排出ガス50%低減レベル「優-低排出ガス車」認定を受けた。

さらに、オルタネーターの発電力を高め、特装・架装性を向上。2.7リッターLPGエンジン搭載車にAT車を新設定しラインナップを強化した。

TECS(メーカー完成特装車)もベース車と同様の改良を施した。

価格は、2.7リッターガソリン車が244.5万円から264.5万円、2.7リッターLPG車は261.5万円から277.3万円、4.1リッターLPG車は290.5万円から331.5万円、4.1リッターCNG車440.0から472.5万円まで。

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。