【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その1)

2003.05.27 自動車ニュース
 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その1)

【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その1)

2003年5月23日、4代目となるスバルの主力モデル「レガシィ」発表された。大幅な軽量化や、3ナンバーサイズに拡大したボディにより、先代と較べて飛躍的に走りを向上したと謳われるニューレガシィについて、開発者にインタビューした模様をお送りする。


富士重工業、スバル商品企画本部の増田年男主査
 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その1)

レガシィは初代から3代目まで、ボディサイズは5ナンバー枠に収められてきた。しかし、4代目となる新型はトレッドの拡大にともない、ボディサイズを35mm拡大。これにより、3ナンバーボディとなったことは、大きな変更点の1つである。3ナンバーとなった理由を、スバル商品企画本部の増田年男主査にうかがった。

【3ナンバーボディ】

(撮影/編集=カネヨシ)



 
【Movie】新型レガシィの開発陣に聞く(その1)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • 第432回:公道で「アイサイト・ツーリングアシスト」を体験!
    先進の運転支援システムの“現状”と“課題”を考える
    2017.8.12 エディターから一言 「WRX S4」「レヴォーグ」の改良モデルから導入が進められている、スバルの最新運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」。より緻密になった加減速の制御と、強化された操舵支援機能を、渋滞の首都高速道路で試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る