三菱、軽自動車「eKクラッシィ」発売

2003.05.27 自動車ニュース
 

三菱、軽自動車「eKクラッシィ」発売

三菱自動車は、「いい軽」がテーマのeKシリーズ第3弾として、シックな内外装と上質な走りを実現したという上級モデル「eKクラッシィ」を、2003年5月26日に発表。同日販売を開始した。



 

■目指したのは“上質感”

「eKクラッシィ」は、30〜50歳代のファミリーや若い女性をターゲットに、「大人のこだわりに耐えうる上質感(プレスリリース)」を目指して各部をグレードアップしたニューモデル。ベースは「eKワゴン」だが、内外装はもちろん、パワートレインやボディ、サスペンションなどにも専用チューンが施された。

「上質」を目指したエクステリアデザインは、eKワゴンからフロントマスクを一新。専用デザインのグリル、バンパー、フード、ヘッドライトを装着したほか、ボディサイド下にエアダムが付加された。ボディカラーは、新色「ライトオレンジメタリック」「ペールベージュソリッド」と、「ミディアムシルバーメタリック」の3色をクラッシィ専用色とした、全6色が用意される。
インテリアは、明るいベージュを基調に上質感ある室内を演出。装備品として、軽自動車では初という「UV&ヒートプロテクトガラス」がフロントウィンドウを装着したことに加え、オートモード時は16段階(マニュアルでは8段階)に風量を調節するオートエアコンなど、1ランク上のアイテムが備わる。電装品を統合制御する「ETACS」(Electronic Time & Alarm Control)により、キーオフ後も一定時間パワーウィンドウの操作を可能にするなど、利便性の向上が図られた。



 

■メカニズムも大きく改良

パワートレインは、eKワゴンに搭載される自然吸気の0.66リッター直3エンジンに、eKスポーツの4段ATを組み合わせたもの。新型触媒の採用などにより、環境性能は従来より1ランク高い「超ー低排出ガス」をパス。2010年度新燃費基準に適合したことと合わせて、グリーン税制にも対応したのはリッパだ。
さらに、ボディ要所に遮音材などを追加し、静粛性を向上。サスペンションは、ショックアブソーバーを新型の高応答タイプに換装した上で、専用のチューニングを施したことで、上質な乗り心地と安定感ある操縦性を両立したと謳われる。

価格は、それぞれベース車より22.8万円高く、2WD車が113.8万円、4WD車は124.8万円。月2000台の販売を目指す。

(webCG 本諏訪)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

関連キーワード:
eKワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペー... 2015.5.26 試乗記
  • ホンダ、「N-ONE」のマイナーチェンジ情報をウェブで先行公開 2017.11.9 自動車ニュース