ホンダ「モビリオ スパイク」に追加グレード

2003.05.26 自動車ニュース
 

ホンダ「モビリオ スパイク」に追加グレード

ホンダは、ユーティリティーをウリにするコンパクトミニバン「モビリオ スパイク」のWタイプとAタイプに、内外装に専用パーツを装着した「Lパッケージ2」を追加し、2003年5月22日から販売を開始した。


写真はいずれも「Wタイプ Lパッケージ2」
 

追加設定された「Lパッケージ2」は、エクステリアに専用ビレットグリルや、アルミホイールなどを装着し、外観をシャープにドレスアップ。インテリアは、光沢の強い“ハイグロスタイプ”のメタル調パネルや、オートエアコンなどの快適装備を付与、「スタイリッシュ&コンフォート」に室内を演出した。

価格は、それぞれのベースグレードより11.6万円高に設定された。詳しくは、以下の通り。

・Lパッケージ2
FF(前輪駆動)
Aタイプ:151.5万円
Wタイプ:161.5万円
4WD
Aタイプ:169.5万円
Wタイプ:179.5万円

(webCGオオサワ)

ホンダ:http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
モビリオスパイクホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda S... 2017.11.2 mobileCG