「AT車のブレーキは左足で?」

2003.05.25 クルマ生活Q&A ドライビング

「AT車のブレーキは左足で?」

AT車ではブレーキは左足、アクセルは右足で踏むのがよいという意見を読んだことがあります。「CG」誌の編集部員はすべてこのやり方で運転していると読んだような気もします。でも、自動車についてくる取り扱い説明書には、ブレーキも右足で踏めと書いてあります。僕は「CG」にならって左足でブレーキを踏もうとしましたが、普通の道でやるには危険すぎるようなのでやめました。どっちが正しいのでしょう。(OTさん)

お答えします。教習所で教えるのはMTの場合、右足はアクセルとブレーキ、左足はクラッチ、というパターンだけです。ですから微妙なタッチが必要な右足には細かな命令を出すことを我われはおぼえますが、左足ではひと思いにクラッチペダルを踏んで、離すときに少し気を使ってあげればよい、とだけしか思っていません。そこでいきなり左足でブレーキを踏もうと思っても、クラッチペダルの要領で「ガツン」と踏んでしまいがちです。

私自身はAT車の場合、左足でブレーキを踏むようにしています。たとえば、AT車はアクセルを戻してもエンジンブレーキが弱いため、ワインディングロードなどでフロントに荷重をかけて曲がりやすくしようと思うなら、アクセルペダル踏んでいない足でブレーキをコントロールする必要が出てくるからです。また右足はアクセルペダル専門としていれば、ブレーキとアクセル、2つのペダルを踏み間違える可能性はうんと低くなると個人的には考えています。