VW「ポロ」を10万円値下げ

2003.05.21 自動車ニュース

VW「ポロ」を10万円値下げ

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、コンパクトカー「ポロ」の価格を見直し、すべてのグレードで10万円の値下げを行う。新価格での販売は、2003年6月1日から。

現行モデルのVW「ポロ」は、2001年のフランクフルトショーでデビューした4代目。日本では2002年6月に4ドアを、7月には2ドアを追加導入された。

今回の価格引き下げは、プジョー「206スタイル」(175.0万円)やシトロエン「C3 1.4」(182.0万円)、ルノー「ルーテシア 1.4RXT 5ドア」(185.0万円)など、ライバルに対する価格競争力を高めることが狙い。「ゴルフ」に継いで人気の高いポロの販売台数を増やし、VGJ全体の底上げを図りたい考えだ。2ドアモデルの新価格は168.0万円で、国産の上級コンパクトカーとも拮抗するとVGJは主張する。

●VW「ポロ」(FF/4AT)新価格
2ドア(右ハンドル):168.0万円
4ドア(右ハンドル):188.0万円
4ドアレザーパッケージ(右ハンドル):204.0万円

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW「ポロ」を10万円値下げの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る