VW「ポロ」を10万円値下げ

2003.05.21 自動車ニュース

VW「ポロ」を10万円値下げ

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、コンパクトカー「ポロ」の価格を見直し、すべてのグレードで10万円の値下げを行う。新価格での販売は、2003年6月1日から。

現行モデルのVW「ポロ」は、2001年のフランクフルトショーでデビューした4代目。日本では2002年6月に4ドアを、7月には2ドアを追加導入された。

今回の価格引き下げは、プジョー「206スタイル」(175.0万円)やシトロエン「C3 1.4」(182.0万円)、ルノー「ルーテシア 1.4RXT 5ドア」(185.0万円)など、ライバルに対する価格競争力を高めることが狙い。「ゴルフ」に継いで人気の高いポロの販売台数を増やし、VGJ全体の底上げを図りたい考えだ。2ドアモデルの新価格は168.0万円で、国産の上級コンパクトカーとも拮抗するとVGJは主張する。

●VW「ポロ」(FF/4AT)新価格
2ドア(右ハンドル):168.0万円
4ドア(右ハンドル):188.0万円
4ドアレザーパッケージ(右ハンドル):204.0万円

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW「ポロ」を10万円値下げの画像

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る