VW「ポロ」を10万円値下げ

2003.05.21 自動車ニュース

VW「ポロ」を10万円値下げ

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、コンパクトカー「ポロ」の価格を見直し、すべてのグレードで10万円の値下げを行う。新価格での販売は、2003年6月1日から。

現行モデルのVW「ポロ」は、2001年のフランクフルトショーでデビューした4代目。日本では2002年6月に4ドアを、7月には2ドアを追加導入された。

今回の価格引き下げは、プジョー「206スタイル」(175.0万円)やシトロエン「C3 1.4」(182.0万円)、ルノー「ルーテシア 1.4RXT 5ドア」(185.0万円)など、ライバルに対する価格競争力を高めることが狙い。「ゴルフ」に継いで人気の高いポロの販売台数を増やし、VGJ全体の底上げを図りたい考えだ。2ドアモデルの新価格は168.0万円で、国産の上級コンパクトカーとも拮抗するとVGJは主張する。

●VW「ポロ」(FF/4AT)新価格
2ドア(右ハンドル):168.0万円
4ドア(右ハンドル):188.0万円
4ドアレザーパッケージ(右ハンドル):204.0万円

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW「ポロ」を10万円値下げの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る