メルセデス「CLKカブリオレ」がモデルチェンジ

2003.05.20 自動車ニュース

メルセデス「CLKカブリオレ」がモデルチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、4シーターオープン「CLK320カブリオレ」をフルモデルチェンジし、2003年5月19日より販売を開始した。

メルセデスベンツ「CLKカブリオレ」は、「Cクラス」ベースの4座クーペ「CLK」のオープンモデルである。
CLKクーペの新型は、2002年3月のジュネーブショーでワールドデビューし、1ヵ月後にはやくも日本上陸。カブリオレは、1年後の同ショーでお披露目され、やはり早々にわが国で販売されることとなった。

車両生産は、先代に引き続き、名門コーチビルダーのカルマン社が担当する。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4640×1740×1415mm、ホイールベース2715mmとクーペと同じ。CLK320クーペに搭載される3.2リッターV6 SOHCエンジン(最高出力218ps/5700rpm、最大トルク31.6kgm/3000-4600rpm)を心臓部とする。

オープン化にあたり、ピラーやウィンドウフレームなど各部を強化し、ボディ剛性を向上。さらに高張力鋼板の使用部位をボディパネルの約40%まで高め、重量増加を抑えたという。車重は、クーペのプラス140kg、1730kg。

ジマンの電動ソフトトップは約20秒でオープン。リモコンでの操作が可能となった点が新しい。またリアシート後部のハードカバー下に収まるソフトトップは、インナーに厚さ20mmの不織布パッドを用いた3層構造とし、高い断熱・遮音効果を発揮すると謳われる。オープン時に気になる風の巻き込みを低減する、ドラフトストップは標準装備。クローズ時の視認性を高めるため、リアウィンドウが拡大された。

安全装備もウリのひとつ。全面衝突時に、2段階に膨張の程度がコントロールされるSRSエアバッグを装着。さらに、側面衝突時や横転時に前席乗員の頭部と胸部を保護する、SRSヘッドソラックスサイドバッグ、後席乗員用のSRSリアサイドバッグ、横転時に自動的に上昇してくるセーフティリアヘッドレストなども付与された。

日本へ導入されるのは、左ハンドル+5ATモデルのみ。DVDナビゲーションシステム、盗難防止警報システムなども標準で備わり、価格は780.0万円。

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ「CLKカブリオレ」:
http://www.mercedes-benz.co.jp/showroom/passenger/clk_cab/

 
メルセデス「CLKカブリオレ」がモデルチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • アウディ、最高出力400psの新型「TT RS」を発表 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンが新型「TT RS」の受注を開始した。エンジンには新開発の2.5リッター直5直噴ターボを搭載しており、従来モデルを大きく上回る400psの最高出力と48.9kgmの最大トルクを実現。0-100km/h加速はクーペで3.7秒と公称している。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る