「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

2003.05.19 自動車ニュース

「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

フォルクスワーゲン「ルポ」のワンメイクレース「ルポGTIカップジャパン2003」の第1戦が、2003年5月18日、茨城県の筑波サーキットで行われた。

今年から始まった「ルポGTIカップジャパン」は、フォルクスワーゲングループジャパンがサポートする、JAF(日本自動車連盟)公認のナンバー付きワンメイクレース。記念すべき第1戦は、1周2.045kmの筑波サーキットを15周、約30kmで行われた。

上級者向け「エキスパートクラス」では、前年度「ニュービートルカップ」チャンピオンの坂本祐也選手をおさえ、壷林貴也選手がトップでフィニッシュ。レース初心者向け「クラブマン」クラスでは、小野勝明選手が優勝、総合でも3位に入る健闘を見せた。

なお、ルポGTIカップはプレイステーションのゲーム『グランツーリスモ』上でシミュレーションをすることができる。第1戦筑波サーキットをコースとして収めたソフトが参加者には配布されており(関連記事はこちら)、自宅でのイメージトレーニングができる、というのが新しい。

次戦は、6月22日に栃木県ツインリンクもてぎで開催される。

■ルポGTIカップ第1戦総合結果
1位:壷林貴也(CRT Lupo GTI)
2位:坂本祐也(Team DUO Lupo)
3位:小野勝明(オノストアCV千葉)
4位:岩本匡史(フォルクスワーゲン成城GTI)
5位:平松宏隆(サーラレーシング)
6位:梅津則子(ビーズクルーレーシングLupo)
7位:白石隆(ドク ビアンコ ルポ GTI)
8位:大村亜津子(グリオスガレージ ブリーズルポ)
9位:中村剛(abr Lupo)
10位:島下泰久(モーターマガジンルポGTI)

(webCG 本諏訪)

 
「ルポGTIカップ」第1戦リザルトの画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」発表会の会場から 2018.3.20 画像・写真 累計販売台数は1400万台! フォルクスワーゲン グループ ジャパンがコンパクトハッチバックの6代目「ポロ」の新型を日本で発表。新世代プラットフォーム「MQB」が使用された新型の姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
ホームへ戻る