「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

2003.05.19 自動車ニュース

「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

フォルクスワーゲン「ルポ」のワンメイクレース「ルポGTIカップジャパン2003」の第1戦が、2003年5月18日、茨城県の筑波サーキットで行われた。

今年から始まった「ルポGTIカップジャパン」は、フォルクスワーゲングループジャパンがサポートする、JAF(日本自動車連盟)公認のナンバー付きワンメイクレース。記念すべき第1戦は、1周2.045kmの筑波サーキットを15周、約30kmで行われた。

上級者向け「エキスパートクラス」では、前年度「ニュービートルカップ」チャンピオンの坂本祐也選手をおさえ、壷林貴也選手がトップでフィニッシュ。レース初心者向け「クラブマン」クラスでは、小野勝明選手が優勝、総合でも3位に入る健闘を見せた。

なお、ルポGTIカップはプレイステーションのゲーム『グランツーリスモ』上でシミュレーションをすることができる。第1戦筑波サーキットをコースとして収めたソフトが参加者には配布されており(関連記事はこちら)、自宅でのイメージトレーニングができる、というのが新しい。

次戦は、6月22日に栃木県ツインリンクもてぎで開催される。

■ルポGTIカップ第1戦総合結果
1位:壷林貴也(CRT Lupo GTI)
2位:坂本祐也(Team DUO Lupo)
3位:小野勝明(オノストアCV千葉)
4位:岩本匡史(フォルクスワーゲン成城GTI)
5位:平松宏隆(サーラレーシング)
6位:梅津則子(ビーズクルーレーシングLupo)
7位:白石隆(ドク ビアンコ ルポ GTI)
8位:大村亜津子(グリオスガレージ ブリーズルポ)
9位:中村剛(abr Lupo)
10位:島下泰久(モーターマガジンルポGTI)

(webCG 本諏訪)

 
「ルポGTIカップ」第1戦リザルトの画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.21 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」シリーズの名脇役「クロスポロ」。この“カッコカワいい”スタイリングは理詰めではなく感性でこそ選ぶべき? ベースモデルの改良を受けて大幅なアップデートが施された新型の実力を、都内からのワンデイツーリングでチェックした。
ホームへ戻る