「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

2003.05.19 自動車ニュース

「ルポGTIカップ」第1戦リザルト

フォルクスワーゲン「ルポ」のワンメイクレース「ルポGTIカップジャパン2003」の第1戦が、2003年5月18日、茨城県の筑波サーキットで行われた。

今年から始まった「ルポGTIカップジャパン」は、フォルクスワーゲングループジャパンがサポートする、JAF(日本自動車連盟)公認のナンバー付きワンメイクレース。記念すべき第1戦は、1周2.045kmの筑波サーキットを15周、約30kmで行われた。

上級者向け「エキスパートクラス」では、前年度「ニュービートルカップ」チャンピオンの坂本祐也選手をおさえ、壷林貴也選手がトップでフィニッシュ。レース初心者向け「クラブマン」クラスでは、小野勝明選手が優勝、総合でも3位に入る健闘を見せた。

なお、ルポGTIカップはプレイステーションのゲーム『グランツーリスモ』上でシミュレーションをすることができる。第1戦筑波サーキットをコースとして収めたソフトが参加者には配布されており(関連記事はこちら)、自宅でのイメージトレーニングができる、というのが新しい。

次戦は、6月22日に栃木県ツインリンクもてぎで開催される。

■ルポGTIカップ第1戦総合結果
1位:壷林貴也(CRT Lupo GTI)
2位:坂本祐也(Team DUO Lupo)
3位:小野勝明(オノストアCV千葉)
4位:岩本匡史(フォルクスワーゲン成城GTI)
5位:平松宏隆(サーラレーシング)
6位:梅津則子(ビーズクルーレーシングLupo)
7位:白石隆(ドク ビアンコ ルポ GTI)
8位:大村亜津子(グリオスガレージ ブリーズルポ)
9位:中村剛(abr Lupo)
10位:島下泰久(モーターマガジンルポGTI)

(webCG 本諏訪)

 
「ルポGTIカップ」第1戦リザルトの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
ホームへ戻る