トヨタ「プロボックス」「サクシード」に特別仕様車

2003.05.19 自動車ニュース
 

トヨタ「プロボックス」「サクシード」に特別仕様車

トヨタ自動車は、商用バンの乗用ワゴンバージョン「プロボックス」と「サクシード」に、上級装備を付与した特別仕様車「プロボックスF“エクストラパッケージリミテッド”」と「サクシードTX“Gパッケージリミテッド”」を設定し、2003年5月15日から販売を開始した。



 

今回の特別仕様車は、両モデルのトップグレードに、高光沢塗装を施した専用ラジエターグリルや専用シート表皮&ドアトリムを採用し、内外装をドレスアップ。高級感を高めたという。
加えて、商用車ベースであるがゆえに標準装備されない、電動格納式リモコンドアミラー、パワーウィンドウなどの快適装備を付与し、利便性を高めた。

価格は、プロボックスの特別仕様車がベース車の6.0万円、サクシードは3.5高に設定された。特別装備と価格の詳細は、以下の通り。

●特別装備
・ボディカラーに、専用色「ライトアクアメタリックオパール」を含む全3色を設定
・ボディ同色バンパー、サイドプロテクションモール、アウトサイドドアハンドル、ドアミラー
・ハイグロス(高光沢)塗装を施したラジエターグリル
・電動格納式リモコンドアミラー
・UVカット機能付きプライバシーガラス
・専用シート表皮&ドアトリム
・パワーウィンドウ(前後)
・ワイアレスドアロックリモートコントロール
・バルブ式ハイマウントストップランプ
・フロント時間調節式間欠ワイパー&リア間欠ワイパー(プロボックス)
・100Vのアクセサリーソケット(サクシード)

●プロボックスF“エクストラパッケージリミテッド”
FF/5MT:135.3万円
FF/4AT:142.8万円
4WD/5MT:155.3万円
4WD/4AT:162.8万円

●サクシードTX“Gパッケージリミテッド”
FF/4AT:151.0万円
4WD/4AT:171.0万円

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る