スズキ「ジムニー」に特別仕様車

2003.05.16 自動車ニュース

スズキ「ジムニー」に特別仕様車

スズキは、4輪駆動車「ジムニー」に、内外装の質感を向上した特別仕様車「ランドベンチャー」を設定し、2003年5月14日から販売を開始した。

ジムニー「ランドベンチャー」は、上級仕様の4×4を求める男性を主なターゲットに、内外装の質感を高めたモデル。エンジンは0.66リッター直3DOHC12バルブターボ・インタークーラー付きを搭載、トランスミッションは5段MTと4段ATが用意される。駆動方式はパートタイム4WDのみ。

エクステリアは、専用デザインの車体同色フロントグリルや、4WD車のイメージを高めるアンダーガーニッシュを装着。グレーメタリック塗装の前後バンパーやフェンダーアーチモールが、ボディーカラーとツートーンを形成する。加えて、電動格納式&曇り止めヒーター付きドアミラーや、マルチリフレクターフォグランプなどの上級装備を付与した。
インテリアは、黒基調の落ち着いたトーンでコーディネート。メーターパネル盤面をシルバーとし、上級感を高めたという。ほかに、本革とファブリックを組み合わせた専用シート表皮や、本革巻ステアリングホイール&シフトノブを装備。快適装備として、MD/CD付きステレオを装着する。

価格は、ジムニーのベーシックモデル「XG」より20.0万円高く、5MT仕様が140.0万円、4AT仕様は149.8万円となる。

(webCGオオサワ)

スズキ:http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「ジムニー」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい! 現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力 2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】やったぜ俊宏社長! 勝手に「スゴかったで賞」... 2017.10.25 自動車ニュース