ボルボ「S80」改良

2003.05.16 自動車ニュース

ボルボ「S80」改良

ボルボカーズジャパンは、フラッグシップ「S80」を改良し、2003年5月15日に発売した。

「S80 2004年モデル」として導入されるのは、従来通り、196psの2.9リッター直6 DOHC搭載モデル「2.9」と、272psの2.9リッター直6 DOHCツインターボ「T-6」「T-6 TE」の全3グレード。「Top Executive」の名を与えられた最上級T-6 TEは、特別注文車となる。

S80初の改良では、内外装のリファインを中心に約700カ所が変更された。機関面に手は加えられなかった。
主な変更点としては、フロントスポイラー、リアバンパーの新意匠化、バイキセノンヘッドライトの採用(T-6、T-6 TEに標準)、新デザインのドアミラー、アルミベゼルのメーターパネルなどがあげられる。さらに、上級T-6、T-6 TEには、新デザインのアルミホイールが装着された。「アイスホワイト」「ディープブルー」の2色がボディカラーとして加わったことも新しい。
全車左右ハンドルを用意。トランスミッションは4段AT、駆動方式はすべて四輪駆動となる。

●ボルボ「S80」(カッコ内は従来との価格差)
2.9:560.0万円
T-6:698.0万円(+3.0)
T-6 TE:772.0万円(+6.0)

(webCG 本諏訪)

ボルボカーズジャパン:
http://www.volvocars.co.jp/

 
ボルボ「S80」改良の画像

関連キーワード:
S80ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場 2017.8.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ベーシックグレードの「タック」および充実した装備を誇る「クラシック」グレードが追加設定された。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
ホームへ戻る