フォード「フォーカス」にスポーティな3ドア登場!

2003.05.15 自動車ニュース
 

フォード「フォーカス」にスポーティな3ドア登場!

フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードが手がけるハッチバック「フォーカス」に、日本初の3ドアにして、ちょっとホットな173psモデル「ST170」を追加設定、2003年5月14日に発売した。

 

■待望のスポーツフォーカス

「フォーカス」といえば、世界ラリー選手権(WRC)で奮闘する、スポーティなイメージがウリ。ところが、2000年の導入以来、わが国に投入されたラインナップは、ベーシックな5ドアの1.6リッター「GLX」「GHIA」と2リッター「GHIA」「TREND」。本国で販売される、215psの2リッターターボ搭載「RS」といったスポーツバージョンをディーラーで手に入れることはできなかった。

今回発売された「ST170」は、欧州フォードの特殊車両開発部門「SVE(Special Vehicle Engineering)」が開発を担当した、RSに次ぐスポーツモデル。日本にはこれまでなかった3ドアボディに、173psを発する新エンジン「デュラテックST」ユニット、ゲトラク製6段マニュアルトランスミッション、専用チューニングされたサスペンションなどを盛り込んだ、「ST(Sport Technologies)」仕様のホットハッチである。

価格は、300.0万円。



 

■パワーだけでなく、扱いやすく

2リッター直4 DOHC16バルブ「デュラテックST」エンジンは、最高出力173ps/7000rpm、最大トルク19.9kgm/5500rpmを発生。ノーマルの2リッター「ゼテック」ユニットより、42psパワフルで、1.7kgmトルクフルだ。

パワーだけでなく、扱いやすさを追求し、SVEが吸排気機構をファインチューン。具体的には、吸排気効率向上を目的とした大型の吸排気ポート&バルブ、吸気効率アップのための連続可変バルブタイミング(VVT)機構、低中速域のトルクと高速域の加速性能を両立させる、管長可変式のデュアルステートインテークマニフォルドなどを採用。大口径ステンレス材でできたエキゾーストシステムでは、排気音にもこだわったという。
組み合わされるトランスミッションは、ゲトラクが新開発した6段MTだ。



 

サスペンションは、前マクファーソンストラット、後マルチリンクと、形式はノーマルモデルと同じ。前後スプリングを10%ハードにしたほか、ダンパーに直径27mmの大径ロッドを採用するなどし、さらなる走行安定性と快適性の向上を図った。

パワーアップにともない、ストッピングパワーも増強。フロント300mm、リア280mmの専用大径ブレーキディスク、専用キャリパー&パッドを奢った。加えて、ABSとTCS(トラクションコントロールシステム)を総合制御するESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)を標準装備した。

エクステリアは、プロジェクタータイプのフロントフォグランプ、リアルーフスポイラーでスポーティさを演出。足もとは、215/45ZR17タイヤ&17インチアルミホイールでキメる。
またインテリアには、スポーツモデルの定番、レカロ製のハーフレザースポーツバケットシートや、本革シフトノブ&ブーツ/パーキングブレーキブーツ、シルバーのメーターパネル、メタリックペダルカバーなどを付与。油温計と油圧計も備わる。

ボティカラーは「インペリアルブルー」と「パンサーブラック」の2色。内装はブラックのみとなる。

(webCG 有吉)

 

フォードジャパンリミテッド「フォーカスST170」:
http://www.ford.co.jp/focus/st170/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る