メルセデスベンツ「G55L AMG」を一部改良

2003.05.14 自動車ニュース

メルセデスベンツ「G55L AMG」を一部改良

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「Gクラス」のハイパフォーマンスモデル「G55L AMG」のタイヤサイズなど一部を改良し、2003年5月12日に発売した。

「G55L AMG」は、高級クロスカントリービークルであるメルセデスベンツ「Gクラス」に、AMG社が専用チューニングを施したモデル。5.5リッターV8 SOHCエンジンを搭載する。

今回の改良では、タイヤサイズを265/60R18から幅広の285/55R18に変更。それにともないフェンダー幅も拡大した。さらにアルミホイール、サイドプロテクションモール、クロームエグゾーストエンド、エンジンカバーを新意匠化。シルバー仕上げフロントグリル、「G55」ロゴ入り本革巻きウォルナットシフトノブも装着された。

左ハンドル、4WD、5段AT仕様のみ。価格は従来からの据え置きとなる、1410.0万円。

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツ「G55L AMG」を一部改良の画像

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る