ミツビシ「eKワゴン」に特別仕様車

2003.05.12 自動車ニュース

ミツビシ「eKワゴン」に特別仕様車

三菱自動車は、軽乗用車「eKシリーズ」(eKワゴン、eKスポーツ)の累計受注台数が、20万台を突破したことを記念した特別仕様車「M20 サンクスエディション」などを、2003年5月6日に発売した。

今回設定された特別仕様車は、「eKワゴン M20サンクスエディション」「eKワゴン M20Gサンクスエディション」の2モデルだ。

「M20サンクスエディション」は、標準グレードの「M」(2WDまたは4WD、3AT)をベースに、1DINサイズのCDチューナーアンプや、ブルーとピンク2つのキーを付与したツインキーレスエントリーシステムなどを標準装備し、機能性を高めた。
「M20Gサンクスエディション」は「M20サンクスエディション」をベースに、トランスミッションに4段ATを採用。エンジンは、FF/4WD車とも「超-低排出ガス」をパスすることに加え、2010年新燃費基準にも適合。グリーン税制を受けることができる。装備面では、電動格納式リモコンドアミラー、13インチアルミホイール、リア間欠式ワイパーを標準で備える。

価格は、「M20サンクスエディション」がベース車「M」と同価格。「M20Gサンクスエディション」は11.8万円高に設定された。
●「M20サンクスエディション」
FF/3AT:91.0万円
4WD/3AT:102.0万円

●「M20Gサンクスエディション」
FF/4AT:102.8万円
4WD/4AT:113.8万円

(webCG 本諏訪)

「三菱自動車」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る