オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売

2003.05.12 自動車ニュース

オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペルのコンパクトハッチ「ヴィータ」の1.8リッターモデル「GSi」を2003年仕様とし、2003年5月17日に発売する。

「ヴィータ」のトップグレードにして、5段MTを搭載したスポーティバージョンである「GSi」。2003年モデルでは、主に内外装の仕様変更が行われた。
外観においては、タイヤサイズを195/45R16としたのに加え、ルーフエンドに大型のスポイラーを追加。走行性能の向上に寄与したと日本GMは主張する。さらに、新意匠のドアミラー、赤いブレーキキャリパーを採用した。
内装においては、レザースポーツシート、アルミ製スポーツペダルを奢り、スポーティさを演出した。
なお1.8リッター直4 DOHC「エコテック」エンジン、5段MTなど機関面に変更はない。

右ハンドル仕様のみで、価格は232.0万円。オプションのサンルーフを付ければ、プラス9.0万円。

(webCG 本諏訪)

「オペル」:
http://www.opel.co.jp/

 
オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売の画像

関連キーワード:
ヴィータオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
ホームへ戻る