オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売

2003.05.12 自動車ニュース

オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売

日本ゼネラルモーターズは、オペルのコンパクトハッチ「ヴィータ」の1.8リッターモデル「GSi」を2003年仕様とし、2003年5月17日に発売する。

「ヴィータ」のトップグレードにして、5段MTを搭載したスポーティバージョンである「GSi」。2003年モデルでは、主に内外装の仕様変更が行われた。
外観においては、タイヤサイズを195/45R16としたのに加え、ルーフエンドに大型のスポイラーを追加。走行性能の向上に寄与したと日本GMは主張する。さらに、新意匠のドアミラー、赤いブレーキキャリパーを採用した。
内装においては、レザースポーツシート、アルミ製スポーツペダルを奢り、スポーティさを演出した。
なお1.8リッター直4 DOHC「エコテック」エンジン、5段MTなど機関面に変更はない。

右ハンドル仕様のみで、価格は232.0万円。オプションのサンルーフを付ければ、プラス9.0万円。

(webCG 本諏訪)

「オペル」:
http://www.opel.co.jp/

 
オペル「ヴィータ」、1.8リッターの2003年モデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る