インディ500公式練習で高木がトップ

2003.05.07 自動車ニュース

インディ500公式練習で高木がトップ

2003年5月25日に行われる「第87回インディアナポリス500マイル」へ向けた公式練習が、5月4、5日、米インディアナ州のインディアナポリスモータースピードウェイ(2.5マイル/約4km)で開かれた。初日3番手だった高木虎之介(パノスGフォース/トヨタ)が、2日目にトップタイム(39.2980秒/229.019mph)をマークし、好調さを顕示した。

2位は、ツインリンクもてぎのウィナーでありポイントリーダーのスコット・シャープ(39.3415 秒/228.766mph)。もてぎでのクラッシュで骨折したスコット・ディクソンが復活し、これに続いた。
また第2戦で負傷し、もてぎを欠場したジル・ド・フェランもこの日ドライブし、4番手のタイムを記録。同じく“負傷組”としてインディ500参戦が危ぶまれていたトニー・カナーンは、レースへの参戦が担当医から正式に許可された。

日本人ドライバーは、服部茂章が15位、ロジャー安川は23位だった。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。