トヨタ「エスティマ」をマイナーチェンジ

2003.05.07 自動車ニュース
 

トヨタ「エスティマ」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、7〜8人乗りのミニバン「エスティマT」「エスティマL」にマイナーチェンジを施し、2003年5月6日から販売を開始した。


TOP写真は、トップグレードの「G」。下は、アエラスのインテリア。
 

今回のマイナーチェンジは、新グレードの設定や機能装備の充実が主。内外装の変更は最小限にとどめられたが、エクステリアに6灯式ヘッドランプや、反射式LEDを採用したリヤコンビネーションランプを装着。インテリアは内装色を変更するなど、質感の向上を図った。

新設定のグレードは、スポーティな「アエラス-S」、室内空間を上質にした「G“レザーセレクション”」、車外へスライドダウンするセカンドシート(左席)を採用した「アエラス“サイドリフトアップシート装着車”」「G“サイドリフトアップシート装着車”」の4車種である。

「アエラス-S」は、専用チューニングのローダウンサスペンションや、操縦安定性を高めるパフォーマンスロッド(フロント・リヤ)を装備。タイヤは、215/55R17サイズのものを履く。ホールド性の高いスポーツシートが備わることも特徴だ。価格は、2.4リッター直4を積むFF(全輪駆動)モデルが278.0万円、3リッターV6のFFモデルは302.0万円。4WD車は、FF車の24.0万円高。

「G“レザーセレクション”」はその名の通り、「G」グレードの3リッターV6モデルに本革シートを奢ったラクシャリーグレード。前席は、シートヒーターを装備する。ほかに、車両安定性を高めるVSCと、トラクションコントロールシステム、デュアルパワースライドドア(リモコン付)が付く。Gグレードには7人乗りと8人乗りが存在するが、“レザーセレクション”は7人乗りのみが設定される。価格は、Gグレードの3リッターモデルより38.0万円高く、FF車が355.0万円、4WD車は379.0万円。

アエラスとGグレードの「サイドリフトアップシート装着車」は、左側のセカンドシートが車外へスライドダウンするモデル。2列目左シートは幅を拡大、前後スライドとリクライニングは電動パワー式となるほか、ワイヤレスリモコンを装備する。
アエラス、Gグレードとも、2.4リッターと3リッターモデルの2種類を設定。乗員数は7人乗りのみとなる。価格は、ベース車より29.0万円高く、アエラス2.4リッターモデルが298.5万円、Gグレード3リッターモデルは346.0万円。いずれもFF車の価格で、4WD車はこれの24.0万円高となる。

このほか、DVDナビゲーションシステムボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションが、トヨタのテレマティクス「G-BOOK」に対応したことをはじめ、機能装備を充実。歩行者に衝突した際の衝撃を和らげる「歩行者傷害軽減ボディ」や、緊急制動を感知して制動力を強める「ブレーキアシスト」を全車に採用し、安全性を向上するなどした。

価格は、エスティマT、Lとも共通で、マイナーチェンジに伴う価格変更はない。2WDが229.5万円から355.0万円まで。4WD車はすべて、2WD車の24.0万円高となる。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
ホームへ戻る