トヨタ「エスティマ」をマイナーチェンジ

2003.05.07 自動車ニュース
 

トヨタ「エスティマ」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、7〜8人乗りのミニバン「エスティマT」「エスティマL」にマイナーチェンジを施し、2003年5月6日から販売を開始した。


TOP写真は、トップグレードの「G」。下は、アエラスのインテリア。
 

今回のマイナーチェンジは、新グレードの設定や機能装備の充実が主。内外装の変更は最小限にとどめられたが、エクステリアに6灯式ヘッドランプや、反射式LEDを採用したリヤコンビネーションランプを装着。インテリアは内装色を変更するなど、質感の向上を図った。

新設定のグレードは、スポーティな「アエラス-S」、室内空間を上質にした「G“レザーセレクション”」、車外へスライドダウンするセカンドシート(左席)を採用した「アエラス“サイドリフトアップシート装着車”」「G“サイドリフトアップシート装着車”」の4車種である。

「アエラス-S」は、専用チューニングのローダウンサスペンションや、操縦安定性を高めるパフォーマンスロッド(フロント・リヤ)を装備。タイヤは、215/55R17サイズのものを履く。ホールド性の高いスポーツシートが備わることも特徴だ。価格は、2.4リッター直4を積むFF(全輪駆動)モデルが278.0万円、3リッターV6のFFモデルは302.0万円。4WD車は、FF車の24.0万円高。

「G“レザーセレクション”」はその名の通り、「G」グレードの3リッターV6モデルに本革シートを奢ったラクシャリーグレード。前席は、シートヒーターを装備する。ほかに、車両安定性を高めるVSCと、トラクションコントロールシステム、デュアルパワースライドドア(リモコン付)が付く。Gグレードには7人乗りと8人乗りが存在するが、“レザーセレクション”は7人乗りのみが設定される。価格は、Gグレードの3リッターモデルより38.0万円高く、FF車が355.0万円、4WD車は379.0万円。

アエラスとGグレードの「サイドリフトアップシート装着車」は、左側のセカンドシートが車外へスライドダウンするモデル。2列目左シートは幅を拡大、前後スライドとリクライニングは電動パワー式となるほか、ワイヤレスリモコンを装備する。
アエラス、Gグレードとも、2.4リッターと3リッターモデルの2種類を設定。乗員数は7人乗りのみとなる。価格は、ベース車より29.0万円高く、アエラス2.4リッターモデルが298.5万円、Gグレード3リッターモデルは346.0万円。いずれもFF車の価格で、4WD車はこれの24.0万円高となる。

このほか、DVDナビゲーションシステムボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションが、トヨタのテレマティクス「G-BOOK」に対応したことをはじめ、機能装備を充実。歩行者に衝突した際の衝撃を和らげる「歩行者傷害軽減ボディ」や、緊急制動を感知して制動力を強める「ブレーキアシスト」を全車に採用し、安全性を向上するなどした。

価格は、エスティマT、Lとも共通で、マイナーチェンジに伴う価格変更はない。2WDが229.5万円から355.0万円まで。4WD車はすべて、2WD車の24.0万円高となる。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る