ホットハッチ「アルファ147GTA」発売!

2003.05.06 自動車ニュース

ホットハッチ「アルファ147GTA」発売!

フィアットオートジャパンは、アルファロメオのスポーティハッチ「アルファ147」のハイパフォーマンスバージョン「GTA」を、2003年5月17日に発売する。

■0-100km/hは6.3秒!

「アルファ156GTA」に続き、スポーティハッチ「147」にもホットな“GTA”が追加された。
パワーユニットは、156GTA同様、「アルファ166」の3リッターV6のストロークを延長し、排気量を3.2リッターに拡大したV6 DOHC24バルブ。250psの最高出力と、32.6kgmの最大トルクを発生する。ギア比、最終減速比とも156GTAと変わらない6段MTを操れば、停止状態から100km/hまで6.3秒、0-1000m加速で26.1秒、最高速度246km/hのパフォーマンスが味わえるという。
チューニングはエンジンだけにとどまらず、サスペンションのジオメトリー変更やブレーキ強化など、大がかりなモディファイが施された。3ドア、左ハンドルのみの設定で、価格は423.0万円。年間600台の販売を目指す。

■“A”はついているものの・・・・・・

ボディフォルムは、ノーマル147とほぼ同じ。エアロダイナミクスを考慮した大型バンパー、トレッドの拡大と大径タイヤ装着によりワイドになったフェンダーアーチが威圧感を醸し出す。
全長×全幅×全高=4200×1765×1430mmのボディサイズは、ベース車比で30mm長く、30mm幅広く、全高は10mm高い。ホイールベースは2545mmで同じだが、トレッドは前後とも10mm拡大され、フロントが1520mm、リアは1505mmとなった。

GTAのうち、GTはグランドツーリングのこと。Aは軽量化を意味する“Alleggerita”からきているが、車重は147中もっとも重い1390kgである。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはストラットと、形式こそベース車と同じながら、ダンパーやスタビライザーなどに専用パーツ、専用チューニングを与え、最大限のスタビリティとハンドリング性能を実現したという。
そのほか、車両安定性を高める「VDC」や「ASR」(アンチスリップレギュレーション)をはじめとする電子デバイス、合計6つのエアバッグなどの安全装備が備わる。

インテリアには、ピューマグレイをあしらった専用ステアリングホイールや、アルミ削り出しのペダル類を採用。シートは水平方向にストライプの入った、GTA専用バケットタイプだ。ちなみに、156GTAはレザーシートのみだったが、147GTAの標準シートはクロスシート。レザーシートは16.0万円のオプションである。

スポーティスペシャルとはいえ、快適装備も充実。デュアルゾーン式フルオートエアコンや、BOSE社製アクティブウーファー付きサウンドシステム+10連奏CDチェンジャーなどが標準で備わる。

(webCGオオサワ)

「アルファロメオ」:
http://www.alfaromeo-jp.com/

「アルファ147GTA」:
http://www.alfa147gta.jp/

 
ホットハッチ「アルファ147GTA」発売!の画像

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スプリント(FF/6AT)【試乗記】 2014.7.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に試乗。強豪ひしめくCセグメント市場で際立つ、ラテン系ハッチバックの魅力に触れた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)... 2016.2.12 試乗記