新型「スマート」は、ちょっと大きな4人乗り

2003.05.03 自動車ニュース
 

新型「スマート」は、ちょっと大きな4人乗り

ダイムラークライスラーのブランド「スマート」の最新モデルの写真が、本国のウェブサイトで公開された。新型はBセグメントに属するコンパクトカーのようだ。



 

「スマートforfour」と名付けられたこのクルマは、5ドアハッチバックボディのコンパクトカーで、4つのシートを備える。スマートブランドにとっては、2人乗りのコミューター「クーペ」(1998年)「カブリオ」(2000年)、屋根のない奇抜な「クロスブレード」(2001年)、そしてスポーティな「ロードスター」「ロードスタークーペ」(ともに2003年)に次ぐモデルとなる。

スマートは、次期モデルから、ダイムラークライスラーグループの三菱自動車が出すコンパクトカー「コルト」とプラットフォームを共用すると2002年に発表していることから、新型もコルトベースの4人乗りモデルでは、と推測される。



 

スマートのウェブサイトによれば、新型は2色のボディーカラーを使うトリディオンセーフティーセルなど、スマート社としての「Key product value」が残されているという。販売開始は、2004年の春に予定される。

(webCGオオサワ)

「スマート」:
http://www.smart.com/

関連キーワード:
フォーフォースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記
  • 新型「ルノー・トゥインゴ」に2つの限定モデル 2016.7.13 自動車ニュース