キャディラック「CTS-Vシリーズ」を発表【ニューヨークショー03】

2003.05.01 自動車ニュース

【ニューヨークショー2003】キャディラック「CTS-Vシリーズ」を発表

2003年4月16日から27日まで開催された「ニューヨーク国際オートショー」において、ゼネラルモーターズは、キャディラックのスポーティセダン「CTS」の高性能バージョン「CTS-Vシリーズ」を発表した。

「Vシリーズ」とは、GM本社に設立された「GMパフォーマンス部門」が専用で開発にあたる、キャディラックの量産モデルをベースとした高性能バージョン。「CTS-V」はその第1弾で、エンジンの高出力化はもちろん、足まわりの強化、内外装変更などが行われた。
2003年第4四半期から北米市場に導入。残念ながら、日本での販売予定はないという。

エクステリアにおいては、空力性能アップやフロントブレーキ冷却のため、フロントまわりを改良。バンパー上下に備わるステンレス製メッシュグリルは、ユニークなフロントマスクを演出するとともに、エンジンルームに流れ込む整流性能の改善に一役かうという。オリジナルのサイドシルと、リアからのぞくデュアルエキゾーストシステムも、ノーマルモデルと違う。
インテリアでは、メーター周囲にサテンクロームメッキを施してスポーティを演出したほか、黒地に白文字のメーターを採用し視認性を向上させた。インパネ内に収まる「ドライバーインフォメーションセンター」と呼ばれる2つのディスプレイには、最大(および瞬間)横G、オイルやトランスミッションの油温と油圧、タイヤ空気圧など、さまざまな情報が表示される。

パワーソースは、アルミブロックの5.7リッターV8エンジン。400psの最高出力と53.8kgmの最大トルクを発生し、6段MTを介して後輪を駆動する。高トルクに対応するため、ドライブシャフトは剛性の高い70mm径が用いられた。
「CTS」と同様、ドイツのニュルブルクリンクサーキットでテスト走行を重ねセッティングされた足まわりは、新たに専用ショックアブソーバーとリアスタビライザーバーが装着された。リアアクスルには、LSDが標準で備わる。タイヤサイズは18インチ、ブレーキは前後とも4ピストン式キャリパーを備え、フロントにはブレンボ社製が奢られた。
標準装備の電子制御アクティブセーフティ機構「スタビリトラック」は、4つの走行モードを備え、なかにはサーキット走行専用モードも含まれるという。

(webCG 本諏訪)

「ニューヨーク国際オートショー」:
http://www.autoshowny.com/
「日本ゼネラルモーターズ」:
http://www.gmjapan.co.jp/

 
キャディラック「CTS-Vシリーズ」を発表【ニューヨークショー03】の画像

関連キーワード:
CTSセダンキャデラックCTSニューヨークモーターショー2003イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 20台限定、「キャデラックXT5クロスオーバー」に日本導入記念モデル 2017.7.13 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型車「キャデラックXT5クロスオーバー」の日本導入を記念した特別仕様車「ファーストリミテッドエディション」を20台限定で販売すると発表した。カタログモデルにはない内外装の組み合わせが特徴となっている。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
ホームへ戻る