ランドローバージャパン、特別限定車「フリーランダーHSE」を発売

2003.05.01 自動車ニュース

ランドローバージャパン、特別限定車「フリーランダーHSE」を発売

ランドローバージャパンは、コンパクトな4×4モデル「フリーランダー」に、ラクシャリーな装備を付与した特別限定車「フリーランダーHSE」を設定し、2003年5月10日から販売する。台数限定150台で、価格は360.0万円。

「フリーランダーHSE」は、特にインテリアの質感を向上したモデル。特別装備の「プレミアムスポーツシート」は、シート生地にアルパカレザーを使用。ステアリングホイールには、アルパカとブラックを配した「デュオトーンレザー」を採用し、シックでモダンな室内を演出したという。ダッシュボードとリアアームレストには、格納式カップホルダーなどを備え、機能面にもこだわった。
エクステリアは、17インチサイズの「Trekアロイホイール」を装着。ボディーカラーは、ホワイトゴールド、ザンベジシルバー、エプソムグリーン、ジャヴァブラックの4色から選べる。

(webCGオオサワ)

ランドローバージャパン:http://www.landrover.co.jp/

 
ランドローバージャパン、特別限定車「フリーランダーHSE」を発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る