第23回:バーゼル(&ジュネーブ)通信(その6)〜レンタル「トゥインゴ」で、バレ・ド・ジュウに潜入!(の前半)

2003.04.30 エッセイ

第23回:バーゼル(&ジュネーブ)通信(その6)〜レンタル「トゥインゴ」で、バレ・ド・ジュウに潜入!(の前半)

スイスではね。チューリッヒ空港に着いてからずーっとレンタカーを借りてたんだけど、それはマイナーチェンジ後の「ルノー・トゥインゴ」。

実はさ。俺、去年パリで乗って感激したもんだから、日本でマイナーチェンジ前のトゥインゴ買ったんだけど、やっぱ新型は、(レンタカーだけど)全然よくなってます。ちょっぴりショックぅー。
なーにが違うって、とにかくボディの剛性感。マイチェン前とはまったく違ってて、フロアに一枚ブ厚い板でも入ったみたい。乗り心地はもちろん、ステアリングフィールまで違いますぅ。しゃっきりしてるのはもちろん、すべてがヴィヴィットなフィーリングなのだ。衝突安全性も全然いいみたいだし、あーぁ、トゥインゴ。「ホントはもっといいんじゃん」みたいな。

エンジンもまるっきり違ってて16Vなんだけど、とにかく速い、速い。
唯一ツラいのが、軽すぎて反応がよすぎるステアリングだけど、基本的にはロングツーリング性能、バツグンでした。

ちなみにどういう日程だったかっちゅうと、まず着いたその日にチューリッヒからバーゼルまでトバして、数日、バーゼルーフライブルグ間をこれまたカッ飛んで往復した後、バーゼルからジュネーブまでをアッという間に走破し、数日ジュネーブ市内を駆け巡ったあと、出発の日、もう大急ぎでジュネーブからチューリッヒ空港まで!正味滞在一週間弱ですか。ほとんどスイスを縦断した気分です。ただね。スイス縦断っていっても、ジュネーブ-チューリッヒ間、ほとんど東京-静岡間ぐらいの感覚なんだけどね。
スイスはとにかく交通の流れが速いから、世間(?)は狭くなるし、とにかくクルマってサイコー! やっぱコッチ住みたくなるよね。一瞬。

さて、次回は今ドライブのクライマックス、バレ・ド・ジュウ、つまりジュウ渓谷への潜入記を報告いたしますっ!

(文=小沢コージ/2003年4月) 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』