トヨタ「クラウン」に特別仕様車を設定

2003.04.30 自動車ニュース
 

トヨタ「クラウン」に特別仕様車を設定

トヨタ自動車は、4ドアサルーン「クラウン」シリーズの、「ロイヤルエクストラ」「ロイヤルエクストラFour」に、特別仕様車“リミテッド”を設定し、2003年4月25日に発売を開始した。

 

今回設定された特別仕様車は、電動リアサンシェードや、運転席に8ウェイマルチアジャスタブルパワーシートなどを装備し、快適性などを高めたモデルである。
ベースとなったのは「クラウンロイヤルエクストラ(2.0、2.5リッター)」と、4WD(四輪駆動)の「ロイヤルエクストラFour」。エクステリアも、専用ボディカラーの「ミレニアムパールトーニング」や、15インチアルミホイールなどでドレスアップした。

特別装備の内容は以下の通り。

●「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」「ロイヤルエクストラFour“リミテッド”」

エクステリア
・15インチタイヤ&アルミホイール
・UVカット機能付き熱線吸収合わせグリーンガラス
・専用 “LIMITED” リヤエンブレム
・オートレベリング機能付ディスチャージヘッドランプ(2.5リッター車)
・コンライト(自動点灯・消灯システム)
インテリア
・ジャガーモケットのシート、ドアトリム、アームレスト
・運転席8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート
・リアオーディオコントローラー
・本革巻きステアリングホイール&木目調シフトレバーノブ
・木目調パネルボックス、カップホルダー付きリアアームレスト

価格はベース車より5.0〜8.0万円高く、2.0リッター(FR/4AT)が300.0万円、2.5リッター(FR/4AT)が320.0万円、2.5リッター(4WD/4AT)が354.0万円となる。

(webCG 本諏訪)

 

トヨタ「クラウンロイヤル」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownRoyal/

関連キーワード:
クラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 第462回:目指すは2050年の「CO2ゼロ」
    トヨタ電動化技術のこれまでを振り返る
    2017.12.15 エディターから一言 この20年間で、電動化技術の何がどう変わったのか? これからはどんなことを目指していくのか。トヨタが開催したプレス向け説明会の内容を、詳しく報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 東京オートサロン2018展示車両(その14) 2018.1.13 画像・写真 トヨタモデリスタの主役は大胆にカスタマイズされた「トヨタC-HR」。TRDや日野と併せて、各社のブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る