プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

2003.04.28 自動車ニュース

プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

プジョージャポンは、売れ筋ハッチバック「206」と、電動格納式ハードトップを備えた「206CC」に、テニスの全仏オープンにちなんだ特別限定車「ローラン・ギャロス」を、250台限定で設定した。2003年5月1日から販売を開始する。

仏プジョー本社が1984年から公式スポンサーを務める、全仏オープンの名を冠した特別限定モデル「206ローラン・ギャロス」が、2002年に引き続き2003年も発売されることになった。エクステリアに、鮮やかなグリーンの専用ボディ色「タイブレークグリーン」を纏い、インテリアには、ベージュの「アレザン」とグリーンを組み合わせた専用レザートリムを奢ったモデルである。今回はハッチバックに加えて、人気の高いクーペ・カブリオレこと「206CC」にも設定された。

「206ローラン・ギャロス」は、1.6リッターエンジンを積む5ドアハッチバックの上級モデル「206XTプレミアム」(右ハンドル、4AT)がベース。装備品として、ルーフ前面にスモークガラスをはめ込んだ「パノラミックルーフ」を装着するほか、MDプレーヤー+6連奏CDチェンジャーなどの機能装備が付与される。限定台数は150台。

今回初めて設定された「206CC ローラン・ギャロス」は、1.6リッターを積む「206CC」(右ハンドル、4AT)をベースに、MDオーディオプレーヤーやラゲッジネットを装備。加えて、206CCの上級モデル「S16」と同じ、205/45R16タイヤとアロイホイールを装着する。こちらは、台数限定100台となる。

価格は、「206ローラン・ギャロス」がベース車より22.5万円高い、222.0万円。「206CC ローラン・ギャロス」は、ベース車より11.0万円高い、286.0万円となる。

(webCGオオサワ)

「プジョージャポン」:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「206」に全仏オープン記念モデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る