プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

2003.04.28 自動車ニュース

プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

プジョージャポンは、売れ筋ハッチバック「206」と、電動格納式ハードトップを備えた「206CC」に、テニスの全仏オープンにちなんだ特別限定車「ローラン・ギャロス」を、250台限定で設定した。2003年5月1日から販売を開始する。

仏プジョー本社が1984年から公式スポンサーを務める、全仏オープンの名を冠した特別限定モデル「206ローラン・ギャロス」が、2002年に引き続き2003年も発売されることになった。エクステリアに、鮮やかなグリーンの専用ボディ色「タイブレークグリーン」を纏い、インテリアには、ベージュの「アレザン」とグリーンを組み合わせた専用レザートリムを奢ったモデルである。今回はハッチバックに加えて、人気の高いクーペ・カブリオレこと「206CC」にも設定された。

「206ローラン・ギャロス」は、1.6リッターエンジンを積む5ドアハッチバックの上級モデル「206XTプレミアム」(右ハンドル、4AT)がベース。装備品として、ルーフ前面にスモークガラスをはめ込んだ「パノラミックルーフ」を装着するほか、MDプレーヤー+6連奏CDチェンジャーなどの機能装備が付与される。限定台数は150台。

今回初めて設定された「206CC ローラン・ギャロス」は、1.6リッターを積む「206CC」(右ハンドル、4AT)をベースに、MDオーディオプレーヤーやラゲッジネットを装備。加えて、206CCの上級モデル「S16」と同じ、205/45R16タイヤとアロイホイールを装着する。こちらは、台数限定100台となる。

価格は、「206ローラン・ギャロス」がベース車より22.5万円高い、222.0万円。「206CC ローラン・ギャロス」は、ベース車より11.0万円高い、286.0万円となる。

(webCGオオサワ)

「プジョージャポン」:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「206」に全仏オープン記念モデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る