プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

2003.04.28 自動車ニュース

プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

プジョージャポンは、売れ筋ハッチバック「206」と、電動格納式ハードトップを備えた「206CC」に、テニスの全仏オープンにちなんだ特別限定車「ローラン・ギャロス」を、250台限定で設定した。2003年5月1日から販売を開始する。

仏プジョー本社が1984年から公式スポンサーを務める、全仏オープンの名を冠した特別限定モデル「206ローラン・ギャロス」が、2002年に引き続き2003年も発売されることになった。エクステリアに、鮮やかなグリーンの専用ボディ色「タイブレークグリーン」を纏い、インテリアには、ベージュの「アレザン」とグリーンを組み合わせた専用レザートリムを奢ったモデルである。今回はハッチバックに加えて、人気の高いクーペ・カブリオレこと「206CC」にも設定された。

「206ローラン・ギャロス」は、1.6リッターエンジンを積む5ドアハッチバックの上級モデル「206XTプレミアム」(右ハンドル、4AT)がベース。装備品として、ルーフ前面にスモークガラスをはめ込んだ「パノラミックルーフ」を装着するほか、MDプレーヤー+6連奏CDチェンジャーなどの機能装備が付与される。限定台数は150台。

今回初めて設定された「206CC ローラン・ギャロス」は、1.6リッターを積む「206CC」(右ハンドル、4AT)をベースに、MDオーディオプレーヤーやラゲッジネットを装備。加えて、206CCの上級モデル「S16」と同じ、205/45R16タイヤとアロイホイールを装着する。こちらは、台数限定100台となる。

価格は、「206ローラン・ギャロス」がベース車より22.5万円高い、222.0万円。「206CC ローラン・ギャロス」は、ベース車より11.0万円高い、286.0万円となる。

(webCGオオサワ)

「プジョージャポン」:
http://www.peugeot.co.jp/

 
プジョー「206」に全仏オープン記念モデルの画像

関連キーワード:
206プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る