トヨタ、「ウィッシュ」に2リッターエンジン追加

2003.04.28 自動車ニュース

トヨタ、「ウィッシュ」に2リッターエンジン追加

トヨタ自動車は、7人乗り5ナンバーサイズのミニバン「ウィッシュ」に、2リッター直噴エンジン搭載グレードを追加設定、2003年4月25日に発売した。

1.8リッターのみだった「ウィッシュ」に、「ガイア」や「カルディナ」に搭載されるものと同じ「1AZ-FSE」型、2リッター直4DOHC直噴エンジン「D-4」が加わった。1.8リッターより23psパワフルな155ps/6000rpmと、2.3kgm太い19.6kgm/4000rpmを発生する。トランスミッションはCVT(無段変速機)。「超-低排出ガス」認定車で、グリーン税制による減税措置を受けられる。

搭載グレードは、ベーシックな「G」とスポーティな「Z」の2種類。Zは、前後オーバーフェンダーや、スポーツマフラー、大径マフラーカッター、215/50R17タイヤ&17インチアルミホイールで派手に飾ったモデルだ。CVTには、6段シーケンシャルシフトマチック機能が付く。さらに、車両安定性制御システムのVSC(ビークルスタビリティコントロール)とTRC(トラクションコントロールシステム)が盛り込まれる。

「G」「Z」ともに、「スマートドアロック」が備わる。これはキーを携帯していれば、ドアハンドルに触れるだけで開錠できるというものだ。その他、ヒーター付きドアミラー、脱臭機能付きクリーンエアフィルターなども付与される。

なお、福祉車両「ウェルキャブ」にも「G」グレードをベースとする車種が追加された。

価格は以下の通り。

●「ウィッシュ」(2リッター直噴エンジン)
G(FF/CVT):188.8万円
Z(FF/CVT+6段シーケンシャルシフトマチック):219.8万円

●ウェルキャブ(2.0リッター直噴エンジン)
助手席回転スライドシート車“Aタイプ”:ベース+9.0万円
助手席回転スライドシート車“Bタイプ”:ベース+19.1万円
助手席リフトアップシート車“Aタイプ”:ベース+26.0万円
助手席リフトアップシート車“Bタイプ”:ベース+36.1万円
フレンドマチック取付用専用車:ベース+4.4万円

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「ウィッシュ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/wish/

 
トヨタ、「ウィッシュ」に2リッターエンジン追加の画像

関連キーワード:
ウィッシュトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る