ホンダ「バモス」にハイルーフ仕様「ホビオ」加わる

2003.04.28 自動車ニュース

ホンダ「バモス」にハイルーフ仕様「ホビオ」加わる

本田技研工業は、軽ワンボックス「バモス」を一部改良。全高を高めた新グレード「ホビオ」とともに、2003年4月25日に発売した。また愛犬との外出に役立つ装備を盛り込んだ特別仕様車「トラベルドッグバージョン」を、5月9日にリリースすることも発表した。

全グレードにおいて、アンサーバック機能を追加したキーレスエントリーシステム、CDプレイヤー付きのオーディオを標準装備。「Lタイプ」「ターボ」にはMDプレイヤーを設定した。
加えて、シートとドアライニングの表皮を新デザインに変更。外装では「Lタイプ」のアルミホイールデザインが変わった。また新色が4色追加され、全10色のカラーバリエーションとなった。

「バモスホビオ」は、ノーマルのバモスより105mm高いハイルーフが特徴。広くなったカーゴルームを自分流のアレンジできるよう、床、壁に4種類のナット、フックなどを設けた。汚れが拭き取りやすい「ワイパブルマット」はメーカーオプション。シートとドアライニングは撥水加工される。大型フロントグリル&前後バンパー、そして厚くなったアタマが外観上の識別点だ。

2003年10月31日までの限定発売となる「バモスホビオ・トラベルドッグバージョン」は、愛犬家と愛犬のための装備を充実させた特別仕様車。ホンダが運営するウェブサイト「Travel Dog(http://www.travel-dog.com/)」登録会員の声を参考に企画されたという。
専用装備として、「犬の毛やよだれも簡単に掃除ができる」(プレスリリース)ワイパブルドアライニングや、制菌・防臭・防ダニ加工を施したフロアカーペットマットなどが備わる。さらに犬に寒い思いをさせないよう、後席にヒーターを装備。“お散歩用トートバッグ”も付属されるほか、専用ステッカー、専用色フック類などを採用した。

価格は以下の通り。

●「バモス」
M:112.4万円(FF/5MT)、118.8万円(FF/3AT)、124.4万円(4WD/5MT)、131.8万円(4WD/4AT)
L:120.4万円(FF/5MT)、126.8万円(FF/3AT)、132.4万円(4WD/5MT)、139.8万円(4WD/4AT)
ターボ:140.8万円(FF/4AT)、152.8万円(4WD/4AT)

●「バモスホビオ」
M:113.4万円(FF/5MT)、119.8万円(FF/3AT)、125.4万円(4WD/5MT)、132.8万円(4WD/4AT)
L:122.4万円(FF/5MT)、128.8万円(FF/3AT)、134.4万円(4WD/5MT)、141.8万円(4WD/4AT)
ターボ:142.8万円(FF/4AT)、154.8万円(4WD/4AT)
プロ:110.4万円(FF/5MT)、116.8万円(FF/3AT)、122.4万円(4WD/5MT)、129.8万円(4WD/4AT)

●「バモスホビオ」特別仕様車「トラベルドッグバージョン」
L:127.4万円(FF/5MT)、133.8万円(FF/3AT)、137.4万円(4WD/5MT)、144.8万円(4WD/4AT)
ターボ:147.8万円(FF/4AT)、157.8万円(4WD/4AT)

(webCG 本諏訪)

本田技研工業「バモス」:
http://www.honda.co.jp/VAMOS/

同「バモスホビオ」:
http://www.honda.co.jp/Hobio/

 
ホンダ「バモス」にハイルーフ仕様「ホビオ」加わるの画像

【写真上】バモス
【写真下】バモスホビオ
 

	【写真上】バモス
	【写真下】バモスホビオ
	 

関連キーワード:
バモスバモスホビオホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-VAN 2018.6.1 画像・写真 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型軽商用車「N-VAN」のイメージを公開した。3タイプのデザインと全10色のボディーカラーで構成されるエクステリアを、写真で紹介する。
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダから軽二輪のニューモデル「CB250R」が登場 2018.3.8 自動車ニュース ホンダが軽二輪のニューモデル「CB250R」を発表。“新世代CBシリーズ”に属する250ccクラスのネイキッドロードスポーツモデルで、市街地での普段使いからワインディングロードまで、幅広いシチュエーションで走りを楽しめるバイクとなっている。
ホームへ戻る