【Movie】マツダのロータリーエンジン「RENESIS」開発者にインタビュー(その3)

2003.04.27 自動車ニュース
 
【Movie】マツダのロータリーエンジン「RENESIS」開発者にインタビュー(その3)

【Movie】マツダのロータリーエンジン「RENESIS」開発者にインタビュー(その3)…マツダ「RX-8」事前試乗会にて

2003年3月18日、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で、マツダ「RX-8」の事前試乗会が行なわれた。新型ロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」の開発に携わった、第2エンジン開発部RE設計グループの田島誠司氏にインタビューする3回目。従来までの「ペリフェラル排気ポート」から「サイド排気ポート」となったことでよくなったこととは?またエンジンサウンドはどのように変化したのか?


【写真上】パワートレイン開発本部 第2エンジン開発部RE設計グループ主幹の田島誠司氏
【写真下】赤く光を放っているのが、今回からサイドに設けられた排気ポート部分。
 
【Movie】マツダのロータリーエンジン「RENESIS」開発者にインタビュー(その3)

【膨張時間が長くなった】


【ロータリーエンジンとは】
世にある一般的な自動車エンジンは、シリンダーの中にあるピストンの往復直線運動で回転力を得るレシプロエンジン。ロータリーエンジンとは、楕円状のローターハウジング内に、三角形のオムスビ型ローターを配し、ローターの回転を直接利用する機構のこと。ローターと壁の間にできる容積がローターの回転とともに変化し、吸入-圧縮-膨張-排気の行程が連続して行われる。
クランクとバルブがないため、小型で軽量、シンプルな仕組みとなるのがメリット。一方で燃焼室が扁平で完全燃焼がしにくく、またオイル消費量が多いというデメリットもある。量産しているメーカーは、世界でマツダのみ。
 
【Movie】マツダのロータリーエンジン「RENESIS」開発者にインタビュー(その3)

【エンジンサウンドの違い】

(撮影/編集=カネヨシ)>

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8【試乗記(前編)】 2003.4.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    “ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。


  • マツダRX-8【試乗記(後編)】 2003.4.13 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
ホームへ戻る