【スペック】全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2750mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=189.8万円(テスト車=232.4万円)

トヨタ・ウィッシュX Sパッケージ(FF/4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ウィッシュX Sパッケージ(FF/4AT) 2003.04.25 試乗記 ……232.4万円総合評価……★★

強さの根源

勝てば官軍、売れればOK。資本主義の王道を行く大トヨタが手がける3列シートミニバン。いわずと知れたライバル「ホンダ・ストリーム」より、しっかり2年分進歩して、やっぱり新しく見えるのが、当たり前とはいえ、さすが。
ほどほどに若々しく、適度に品質感が高く、お値打ち感において、ショールームでのアピールは抜群だろう。試乗を始めれば、じゃっかん硬めの乗り心地が“スポーティ”を演出。しかし、10分後には運転していることを忘れさせるドライブフィール。
すきのない商品企画。そつない製品。発売当初の批判はおり込み済みの、花より団子。どのカテゴリーにおいても商売敵の先行を許さない、トヨタの強さの根源。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ウィッシュは2003年1月20日にデビュー。中型セダン「プレミオ/アリオン」のプラットフォームに“スタイリッシュ”を謳うモノフォルムのボディを被せた、3列シート7人乗りのピープルムーバーである。
グレードは、132psと17.3kgm(4WDは125psと16.4kgm)を発する、1.8リッター直4DOHC(1ZZ-FE)を積む「1.8X」(2WD/4WD)のモノグレード。これに、収納やスピーカーなどの装備を省いた廉価版「Eパッケージ」(FFのみ)と、アルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを奢った豪華版、「Sパッケージ」(FF/4WD)が用意される。
(グレード概要)
1.8X、モノグレードのウィッシュ。装備は基本的に充実しており、オートエアコン、CDプレーヤー付きAM/FMラジオ+4スピーカーなどが標準で備わる。2WDと4WDが用意され、4WD車は、リアがディスクブレーキ、3列目シートにヒーターダクトが備わる(寒冷地仕様は、2WDも3列目ヒーターダクト付き)。上級パッケージオプション「Sパッケージ」装着車は、エアロバンパーやサイドマットガード、アルミホイールを装着。インテリアは、助手席シートバックテーブルや、本革巻ステアリングホイールとシフトノブが備わる。




トヨタ・ウィッシュX Sパッケージ(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ウィッシュX Sパッケージ(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
「Sパッケージ」モデルは、インパネにカーボン調パネル(ノーマルはメタル調)を用い、メーター類が発光針になり、金属リングで囲まれるのが相違点。“スポーティ”の記号を随所にちりばめ、エアロな外観とのバランスを取る。高い位置にあるナビゲーションシステム用ディスプレイ、ステアリングホイールから近いATシフター、使用方法が明快なスイッチ、ダイヤル類、豊富な小物入れと、機能面での不満はない。ケチを付けるとすれば、オリジナリティの欠如か。
(前席)……★★★
「プレミオ/アリオン」をベースにしたというだけあって、ミニバンながらドライビングポジションはセダンと変わらない。この面において、「乗用車の新しい方向を探る」というエンジニアの方の主張は妥当だ。ウィッシュにかぎらず、最近のトヨタ車で感心させられるのが、初見時の“ちょっとイイ物”感。座面中央と左右が別体になったかのシート、その生地、ドアトリム、樹脂類の色合わせなど、クルマを見に来たお客さまを捉えて放さない。それでいて“大衆車”の枠を一歩も出ないところが、自動車メーカーとしての底力であり、賢さだ。
(2列目シート)……★★★
190mmのスライド量を誇るセカンドシート。着座姿勢は自然で、頭上空間も十分。3人掛けを反映して、センターにも小ぶりながら、ちゃんとしたヘッドレストが備わる。背もたれは6:4の分割可倒式で、ヘッドレストをはずさないまま、倒すことができる。
スタティック(静的)な状態では、スペース、シートアレンジとスペック的に申し分ないのだが、ドライブが始まってしばらくたっても、どうしてだろう、「ミニバンはセカンドシートが特等席!」といった感情が湧かない。“居心地”といった説明しにくい主観要素は、あまり重視されなかったのだろう。
(3列目シート)……★★
大人でもなんとか耐えられるサードシート。頭上にはじゃっかんの余裕があるが、膝前はさすがに狭い(足先をシート下に差せないのがツラい)。セカンドシートの乗員との居住スペースに関する協議が重要となろう。いずれにせよ、居住性よりは、背もたれを倒したときの荷室の拡大に重点が置かれたとおぼしき3列目。ホイールハウスの張り出し上部を、カップホルダー&モノ入れとして活用しているのは立派(!?)
(荷室)……★★★
床面最大幅135cm、7人乗車時の奥行きは40cm、容量は144リッター(VDA法)とミニマムだが、豊富なシートアレンジで、乗員と荷物のスペース配分を調整できる。サードシートを倒せば容量は470リッターに拡大、ゴルフバッグ(47インチ)を4コ収納できるという。3列目背もたれを倒せば100cm以上、セカンドシートまで倒せば、180cm前後の長尺モノも、搭載可能だ。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
プレミオ/アリオンの中堅グレードと同じ、「1.8リッター直4+4AT」のエンジン、トランスミッションを使用。ボディはセダン比100kgを超える重量増となるが、ひとり乗車なら過不足ない。ただ、乗員が増えて、荷物を積んで、坂道を駆け上がるようなときは、少々ツラかろう。VVT-i(可変バルブタイミング機構)を採用した1.8リッターは、平成12年基準排出ガス75%低減レベル(超-低排出ガス)にして、テスト車のFF(前輪駆動)モデルは、2010年燃費基準も達成した。カタログ燃費(10・15モード)は14.4km/リッター。実用ネンピにも優れる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
増えたウェイトを支える理由もあろうが、足はミニバンとしては硬め。ステアリングフィールもしっかりしていて、路面の情報をよく伝える。総じてハンドリングはいい。と書くと、いかにも“スポーティ”な感じだが、うまいのは、それが“過ぎない”こと。ミニバンのユーザーが望むのは、“スポーティ”な雰囲気であって、いわゆる“スポーツ走行”ではないからだ。

(写真=清水健太)



【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年2月17日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:3438km
タイヤ:(前)195/65R15 91S/(後)同じ(いずれもGOODYEAR GT065A)
オプション装備:前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグ+盗難防止システム(9.5万円)/DVDボイスナビゲーション+6.5インチモニター+MD/CD付きラジオ+6スピーカー+ガラスアンテナ+バックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター+ステアリングスイッチ(33.1万円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(6):高速道路(4)
テスト距離:340.0km
使用燃料:34.4リッター
参考燃費:9.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る