フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売

2003.04.24 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトカー「ルポ」に、ハイパワーエンジンを搭載したスポーティグレード「GTI」を追加し、2003年5月10日から発売を開始する。価格は216.0万円で、初年度の販売目標は500台。

「ルポ」は2001年7月から日本市場に導入された、VWのコンパクトハッチバック。価格の手ごろさやスタイルから、若い女性に人気があるという。
今回追加された「GTI」は、その名の通りスポーティモデル。ノーマルモデルより出力が50ps高められた、1.6リッター直4DOHC(125ps/6500rpm、15.5kgm/3000rpm)を搭載。トランスミッションは6段MTが組み合わされる。

エンジンの高出力化だけでなく、ボディの軽量化も施された。フロントエンジンフードと、ドア、フェンダー部分にアルミ素材を採用し、ドアで30%、エンジンフードで40%の軽量化(いずれもベースモデル比)を達成した。しかし、強度とクラッシュの安全性は従来と変わらないという。

エクステリアには、フロントハニカムメッシュグリルと、リアルーフスポイラー、センターエキゾーストツインパイプを装着。車体色は、ブラック、トルネードレッド、リフレックスシルバーメタリックの3色が用意される。インテリアはスポーツシートを採用したほか、各所にレザーをあしらい、スポーティを演出した。

なお、2003年から開催される、ルポのワンメイクレース「ルポGTIカップジャパン」では、この車両をベースに、レース車両の架装を施した専用カップカーが使われる。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売の画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォルクスワーゲンが新型SUV「T-Roc」を世界初公開 2017.8.24 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年8月23日(現地時間)、新型コンパクトSUV「T-Roc」を世界初公開した。フォルクスワーゲンにとって第4のSUVとなるT-Rocは、「ティグアン」よりもひと回り小さなボディーを持ち、成長著しいコンパクトSUV市場へと投入される。
  • フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.21 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」シリーズの名脇役「クロスポロ」。この“カッコカワいい”スタイリングは理詰めではなく感性でこそ選ぶべき? ベースモデルの改良を受けて大幅なアップデートが施された新型の実力を、都内からのワンデイツーリングでチェックした。
ホームへ戻る