フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売

2003.04.24 自動車ニュース

フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売

フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトカー「ルポ」に、ハイパワーエンジンを搭載したスポーティグレード「GTI」を追加し、2003年5月10日から発売を開始する。価格は216.0万円で、初年度の販売目標は500台。

「ルポ」は2001年7月から日本市場に導入された、VWのコンパクトハッチバック。価格の手ごろさやスタイルから、若い女性に人気があるという。
今回追加された「GTI」は、その名の通りスポーティモデル。ノーマルモデルより出力が50ps高められた、1.6リッター直4DOHC(125ps/6500rpm、15.5kgm/3000rpm)を搭載。トランスミッションは6段MTが組み合わされる。

エンジンの高出力化だけでなく、ボディの軽量化も施された。フロントエンジンフードと、ドア、フェンダー部分にアルミ素材を採用し、ドアで30%、エンジンフードで40%の軽量化(いずれもベースモデル比)を達成した。しかし、強度とクラッシュの安全性は従来と変わらないという。

エクステリアには、フロントハニカムメッシュグリルと、リアルーフスポイラー、センターエキゾーストツインパイプを装着。車体色は、ブラック、トルネードレッド、リフレックスシルバーメタリックの3色が用意される。インテリアはスポーツシートを採用したほか、各所にレザーをあしらい、スポーティを演出した。

なお、2003年から開催される、ルポのワンメイクレース「ルポGTIカップジャパン」では、この車両をベースに、レース車両の架装を施した専用カップカーが使われる。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
フォルクスワーゲン「ルポGTI」発売の画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る