ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

2003.04.24 自動車ニュース
 

ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

ボルボカーズジャパンは、ボルボのエントリーモデル「40シリーズ」に、内外装に専用アイテムを装備した最上級グレード「Classic」を追加し、2003年4月30日から発売を開始する。価格は、「S40 Classic」が330.0万円、「V40 Classic」が345.0万円。



 

ボルボ40シリーズの「Classic」グレードは、トップグレードであった「ノルディックスペシャル」に代わる最上級グレード。ノルディックスペシャルの装備に加え、専用デザインのアルミホイールや、40シリーズのカタログモデルで初となるフルカラードボディなど、クラシック専用アイテムを採用。従来より、さらに高級感を演出した。装備を追加したにもかかわらず、価格をノルディックスペシャルと同価格に設定し、高いバリューフォーマネーを実現したこともジマンである。

主要装備は以下の通り。

●「ボルボS40 Classic」「ボルボV40 Classic」専用装備

・エクステリア
デュアルヘッドライト(ブラックベゼル)/アルミホイール"Telesto"6.5J×16インチ/ボディ同色バンパー&サイドモール/クロームドアハンドル&テールゲートエッジモール/フロントフォグランプ/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ/フロントスポイラー“スポーティ”/リアスポイラー(S40 Classic)/リアルーフスポイラー(V40 Classic)

・インテリア
本革シート/CD・MD付ハイパフォーマンスオーディオシステム/リアアームレスト(2カップホルダー付)/トリップコンピュータ(外気温度計付)/運転席・助手席パワーシート/ウッド調パネル&シフトノブ(レッド)/本革巻きスポーティステアリングホイール

・その他主要装備
デュアルモードエアバッグ(運転席)/SIPSバッグ(サイドエアバッグ、フロント2席)/IC・インフレータブルカーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)/WHIPS(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)/EBD機構付ABS/DSA(ダイナミック・スタビリティ・アシスタンス)/ISO FIX対応(リア2席)

(webCG 本諏訪)
ボルボ:
http://www.volvocars.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 第6回:「ボルボV40」試乗インプレッション 2014.9.22 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) ボルボファミリーの中で、好調なセールスが伝えられるコンパクトハッチバックの「V40」。その実力は、どれほどのものなのか? 東京~伊勢・志摩間での試乗インプレッションを報告する。
ホームへ戻る