ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

2003.04.24 自動車ニュース
 

ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

ボルボカーズジャパンは、ボルボのエントリーモデル「40シリーズ」に、内外装に専用アイテムを装備した最上級グレード「Classic」を追加し、2003年4月30日から発売を開始する。価格は、「S40 Classic」が330.0万円、「V40 Classic」が345.0万円。



 

ボルボ40シリーズの「Classic」グレードは、トップグレードであった「ノルディックスペシャル」に代わる最上級グレード。ノルディックスペシャルの装備に加え、専用デザインのアルミホイールや、40シリーズのカタログモデルで初となるフルカラードボディなど、クラシック専用アイテムを採用。従来より、さらに高級感を演出した。装備を追加したにもかかわらず、価格をノルディックスペシャルと同価格に設定し、高いバリューフォーマネーを実現したこともジマンである。

主要装備は以下の通り。

●「ボルボS40 Classic」「ボルボV40 Classic」専用装備

・エクステリア
デュアルヘッドライト(ブラックベゼル)/アルミホイール"Telesto"6.5J×16インチ/ボディ同色バンパー&サイドモール/クロームドアハンドル&テールゲートエッジモール/フロントフォグランプ/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ/フロントスポイラー“スポーティ”/リアスポイラー(S40 Classic)/リアルーフスポイラー(V40 Classic)

・インテリア
本革シート/CD・MD付ハイパフォーマンスオーディオシステム/リアアームレスト(2カップホルダー付)/トリップコンピュータ(外気温度計付)/運転席・助手席パワーシート/ウッド調パネル&シフトノブ(レッド)/本革巻きスポーティステアリングホイール

・その他主要装備
デュアルモードエアバッグ(運転席)/SIPSバッグ(サイドエアバッグ、フロント2席)/IC・インフレータブルカーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)/WHIPS(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)/EBD機構付ABS/DSA(ダイナミック・スタビリティ・アシスタンス)/ISO FIX対応(リア2席)

(webCG 本諏訪)
ボルボ:
http://www.volvocars.co.jp/

関連キーワード:
V40S40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る