ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

2003.04.24 自動車ニュース
 

ボルボ「S40/V40」の最上級グレード「Classic」登場

ボルボカーズジャパンは、ボルボのエントリーモデル「40シリーズ」に、内外装に専用アイテムを装備した最上級グレード「Classic」を追加し、2003年4月30日から発売を開始する。価格は、「S40 Classic」が330.0万円、「V40 Classic」が345.0万円。



 

ボルボ40シリーズの「Classic」グレードは、トップグレードであった「ノルディックスペシャル」に代わる最上級グレード。ノルディックスペシャルの装備に加え、専用デザインのアルミホイールや、40シリーズのカタログモデルで初となるフルカラードボディなど、クラシック専用アイテムを採用。従来より、さらに高級感を演出した。装備を追加したにもかかわらず、価格をノルディックスペシャルと同価格に設定し、高いバリューフォーマネーを実現したこともジマンである。

主要装備は以下の通り。

●「ボルボS40 Classic」「ボルボV40 Classic」専用装備

・エクステリア
デュアルヘッドライト(ブラックベゼル)/アルミホイール"Telesto"6.5J×16インチ/ボディ同色バンパー&サイドモール/クロームドアハンドル&テールゲートエッジモール/フロントフォグランプ/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ/フロントスポイラー“スポーティ”/リアスポイラー(S40 Classic)/リアルーフスポイラー(V40 Classic)

・インテリア
本革シート/CD・MD付ハイパフォーマンスオーディオシステム/リアアームレスト(2カップホルダー付)/トリップコンピュータ(外気温度計付)/運転席・助手席パワーシート/ウッド調パネル&シフトノブ(レッド)/本革巻きスポーティステアリングホイール

・その他主要装備
デュアルモードエアバッグ(運転席)/SIPSバッグ(サイドエアバッグ、フロント2席)/IC・インフレータブルカーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)/WHIPS(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)/EBD機構付ABS/DSA(ダイナミック・スタビリティ・アシスタンス)/ISO FIX対応(リア2席)

(webCG 本諏訪)
ボルボ:
http://www.volvocars.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 「ボルボV40/V40クロスカントリー」がマイナーチェンジ 2016.7.5 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月5日、マイナーチェンジを施した「V40」「V40クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る