トヨタとダイハツ、上海オートショーに計14台を出展

2003.04.23 自動車ニュース

トヨタとダイハツ、上海オートショーに計14台を出展

2003年4月20日のプレスデーで開幕した「上海モーターショー」(Auto Shanghai 2003)に、トヨタ自動車とダイハツ工業は、合計14台の車両を出展した。中国での市販車、市販予定車に加え、F1レプリカマシンや、2003年4月16日に日米同時発表された「新型プリウス」も展示される。

市販車、市販予定車の出展車両は、トヨタと第一汽車集団公司が中国での共同生産に合意した「クラウン」「カローラ」「ランドクルーザー」「ランドクルーザー プラド」。加えて、ダイハツがライセンス提供し、一汽華利汽車有限公司が中国で生産する「ダリオ テリオス」である。ダリオは、「おしゃれで、楽しく、スマートな、オリジナリティ溢れるカーライフを提供する」をコンセプトにする、ダイハツが中国専用に設立した新ブランドだ。

参考出品車は、ハイブリッド乗用車「HV-1」(新型プリウス)や、燃料電池技術を生かしたスポーツコンセプトカー「Fine-S」を展示した。

そのほか、トヨタF1カーのレプリカや、「レクサスRX300」(日本名:ハリアー)なども披露した。

(webCG 本諏訪)

 
トヨタとダイハツ、上海オートショーに計14台を出展の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。