トヨタ、「カローラフィールダー」にスポーティな特別仕様車

2003.04.23 自動車ニュース
 

トヨタ、「カローラフィールダー」にスポーティな特別仕様車

トヨタ自動車は、「カローラフィールダー」にエアロパーツなどを装着し、スポーティなイメージを高めた特別仕様車「Sリミテッド」を設定し、2003年4月22日に発売した。

 

1.8リッターエンジンを積むグレード「S」がベース。エクステリアに、カラードフロントスポイラー、カラードサイドマッドガード、15インチタイヤ&アルミホイールを装着し、スポーティ感を高めたという。
価格は、それぞれベース車「S」の5.0万円高に設定された。詳細は以下の通り。

●カローラフィールダー Sリミテッド(1.8リッター直4DOHC16バルブエンジン)
FF/5MT:165.8万円
FF/4AT:174.8万円
4WD/4AT:194.8万円

(webCG 本諏訪)

 

トヨタ自動車「カローラフィールダー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CorollaFielder/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る