日産、上海モーターショーで中国市場向け「サニー」発表

2003.04.22 自動車ニュース

日産、上海モーターショーで中国市場向け「サニー」発表

「上海モーターショー」(Auto Shanghai 2003)が、2003年4月20日に中国・上海で開幕した。日産自動車は、同イベントで中国市場向けの新型「サニー(現地名:陽光)」を発表した。

今夏発売予定の中国版「サニー」は、日本での小型大衆車という位置付けではなく、高級感を出した「クラスを超えたプレミアムモデル」(プレスリリース)として販売される。2リッター直4エンジンを、ひとまわり大きいボディにマウント。トランスミッションは、電子制御4段ATか5段MTとなる。
ちなみに同車は、日産自動車と東風汽車公司が共同出資して興した新会社「東風汽車有限公司」による初のモデルである。

日産は、現在中国市場で「セフィーロ」と「ブルーバード」を販売中。同じく2リッターエンジンを搭載する「ブルーバード」がアダルト層をターゲットとしているのに対し、「サニー」が狙うのはそれより若い層。「サニーのある生活」がテーマの専用サイトをオープンし、若年層に訴求する。

(webCG 本諏訪)

「SUNNY 陽光」(中国語):
http://www.sunny.cn/

 
日産、上海モーターショーで中国市場向け「サニー」発表の画像
関連記事
  • 日産「サニー」マイナーチェンジ 2002.5.15 自動車ニュース 日産自動車は、「サニー」の内外装やエンジンにマイナーチェンジを施し、2002年5月13日に販売を開始した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 【ジュネーブショー2017】ボルボ、ミドルサイズSUVの新型「XC60」を発表 2017.3.7 自動車ニュース ボルボが新型「XC60」をジュネーブショーで発表。従来モデルから運転支援システムを強化しており、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する「パイロットアシスト」を初採用。パワープラントにはプラグインハイブリッドも用意されている。
  • ボルボV70/XC70に装備充実の新グレード登場 2015.7.10 自動車ニュース 「ボルボV70/XC70」が一部改良。充実した装備が特徴の「Classic」が登場。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
ホームへ戻る