トヨタ、「プロボックス」に圧縮天然ガス車を追加

2003.04.21 自動車ニュース
 

トヨタ、「プロボックス」に圧縮天然ガス車を追加

トヨタ自動車は、商用バン「プロボックス」にCNG(圧縮天然ガス)車を追加設定。またプロボックスと姉妹車「サクシード」に、保冷機能をもつ「保冷バン」と「クーリングバン」を加え、2003年4月17日に発売した。

 

今回追加されたのは、圧縮天然ガスを燃料とする1.5リッターエンジンを搭載したモデル。トランスミッションは4段AT、駆動方式はFFのみとなる。CNGは、ガソリンに較べて燃焼時の二酸化炭素排出量が少ないことが特徴。つまりクリーンなのだ。
1.5リッターCNGエンジンは、同排気量のガソリンエンジンと較べて17psと1.6kgm少ない、92ps/6000rpmの最高出力と、12.8kgm/4000rpmの最大トルクを発生。環境性能は、ガソリン車と同様「超-低排出ガス」認定を受ける。燃料タンクは88リッターの容積をもち、1回の充填で350km走行できるという。

価格は、1.5リッターガソリンエンジンを積む「プロボックスGL」(FF/4AT)より136.2万円高い、265.0万円。なおCNG車は、グリーン税制による減税措置を受けることができる。

同時に追加されたのが、「プロボックス」と「サクシード」の「保冷バン」と「クーリングバン」。TECS(メーカー完成特装車)として発売される。1.5リッターエンジンを積む「プロボックスDX」と「サクシードU」をベースに、保冷機能をもたせて生鮮品の運搬などを輸送できるようにしたモデルである。
「保冷バン」は高密度注入発泡硬質ウレタンなどを断熱材に使用。「クーリングバン」は、保冷バンにクーリングユニットを搭載し、保冷室内を+5〜+20度Cに保つ、定温輸送が可能となる。

価格は以下の通り。

●クーリングバン
・プロボックスDX(1.5リッターガソリン)
FF/5MT:165.9万円
FF/4AT:173.4万円
4WD/4AT:193.4万円
・サクシードU(1.5リッターガソリン)
FF/5MT:174.1万円
FF/4AT:181.6万円
4WD/4AT:201.6万円

●保冷バン
・プロボックスDX(1.5リッターガソリン)
FF/5MT:138.3万円
FF/4AT:145.8万円
4WD/4AT:165.8万円
・サクシードU(1.5リッターガソリン)
FF/5MT:146.5万円
FF/4AT:154.0万円
4WD/4AT:174.0万円

(webCG 本諏訪)

 

トヨタ自動車「プロボックスバン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/probox_vn/
同「サクシードバン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/succeed_vn/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る