プジョー「607」にオーダーメイドシステム

2003.04.21 自動車ニュース
 

プジョー「607」にオーダーメイドシステム

プジョージャポンは、プジョーのトップレンジ「607」に、ボディーカラーと内装色をユーザーの好みで選択できるシステム「607オートクチュール」を、2003年4月17日から導入した。組み合わせは全部で42種類。受注生産方式で、オーダーしてからの納期は約5ヶ月だという。



 

「607オートクチュール」は、新色3種類を含む全10色のボディーカラーと、レザー内装4種類、ファブリック内装1種類のインテリアカラーを組み合わせるオーダーメイドシステム。標準設定の8種類を含め、全42パターンの組み合わせができる。

嬉しいことに、オートクチュールを利用しても価格は今までと変わらない。17インチタイヤなどでスポーティを演出した「607スポーツ」が478.0万円。レザー内装のラクシャリーモデル「607コンフォート」は498.0万円。なお、コンフォートは右ハンドルに加えて、左ハンドル仕様を追加。全グレードで、左右ハンドルから選べるようになった。
さらに、従来ファブリック内装のみだった「607スポーツ」に、レザー内装仕様が追加されたこともニュース。価格は、502.0万円となる。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

関連キーワード:
607プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508NEW 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • “つながる”機能を拡充、メルセデスが「Eクラス クーペ」を一部改良 2018.2.5 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月5日、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」に一部改良と価格改定を実施し、販売を開始した。今回はテレマティクスサービス「Mercedes me connect」の全車標準化とカラーバリエーションの拡充を実施した。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
ホームへ戻る