プジョー「607」にオーダーメイドシステム

2003.04.21 自動車ニュース
 

プジョー「607」にオーダーメイドシステム

プジョージャポンは、プジョーのトップレンジ「607」に、ボディーカラーと内装色をユーザーの好みで選択できるシステム「607オートクチュール」を、2003年4月17日から導入した。組み合わせは全部で42種類。受注生産方式で、オーダーしてからの納期は約5ヶ月だという。



 

「607オートクチュール」は、新色3種類を含む全10色のボディーカラーと、レザー内装4種類、ファブリック内装1種類のインテリアカラーを組み合わせるオーダーメイドシステム。標準設定の8種類を含め、全42パターンの組み合わせができる。

嬉しいことに、オートクチュールを利用しても価格は今までと変わらない。17インチタイヤなどでスポーティを演出した「607スポーツ」が478.0万円。レザー内装のラクシャリーモデル「607コンフォート」は498.0万円。なお、コンフォートは右ハンドルに加えて、左ハンドル仕様を追加。全グレードで、左右ハンドルから選べるようになった。
さらに、従来ファブリック内装のみだった「607スポーツ」に、レザー内装仕様が追加されたこともニュース。価格は、502.0万円となる。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:http://www.peugeot.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る