日産「350Zロードスター」【ニューヨークショー03】

2003.04.19 自動車ニュース

【ニューヨークショー2003】日産「350Zロードスター」

米国ニューヨークで「2003 New York International Automobile Show」、通称ニューヨークショーが、2003年4月16日からのプレスデイで幕を開けた。4月27日まで開催される。
日産は、復活したスポーツカー「フェアレディZ」のオープンモデルを出展した。

■走り重視の仕上がり

日本では、ハンドリング特性などについて、手厳しい評論家から賛否両論の「フェアレディZ」だが、「350Z」と称されるここアメリカでは40代から50代を中心として、非常に高い人気を誇っている。また、ラグジュアリーなオープンカーが世界でもっとも売れる国アメリカでは、当然この350Zにも派生車を希望する声が多かった。
そして誕生したのが「カブリオレ」、ではなく「ロードスター」。開閉機構で、クーペと較べて60kgほどの重量ハンディになるが、ボディの補強をしっかりと行い、「350Z」の名に恥じない本格的な走り重視の仕上りを見せた、という。

記者会見場には、日産自動車常務取締役で、デザイン本部長の中村史郎氏も顔を見せた。
「最初から2台(クーペとロードスター)を並べてつくったわけではない。特にこの線が……」、と中村常務が指摘するのは、幌の部分を収納し、開閉する部分に刻まれたつなぎ目。「もし最初からロードスターをつくる気でいたら、この線が気になってクーペがうまくつくれないですから」と、細部に渡るデザインへのこだわりを教えて頂いた。またフルオープン状態の際、幌はトランク部分の前のスペースに収納されるため、トランクはいつでも100%活用できるのがうれしい。

2003年秋、アメリカ市場に投入される350Zロードスター。注目の価格は、3万4000ドル(約408万円)程度になるという。

 
日産「350Zロードスター」【ニューヨークショー03】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る