スバル「バハターボ」【ニューヨークショー03】

2003.04.19 自動車ニュース

【ニューヨークショー2003】スバル「バハターボ」

米国ニューヨークで「2003 New York International Automobile Show」、通称ニューヨークショーが、2003年4月16日からのプレスデイで幕を開けた。4月27日まで開催される。
スバルブースからは、レガシィ「ランカスター」をピックアップ風にアレンジした「バハ」のターボモデル「バハターボ」を紹介する。

■“ターボのスバル”人気で火がつくか?

ユニークなスタイリングが話題となった、スバルの北米専用車「バハ」にターボモデルが登場した。大型エアスクープが目立つボンネット。そのなかに搭載されるのは、インタークーラーを装着した、2.5リッター水平対向4気筒シングルターボ。トルク重視の最大出力は、210psに抑えられた。
2002年夏に登場したバハは、4ドアセダンの後部にピックアップトラックの荷台を与えた機能性が若者にウケて、注目を集めてきた。だが、全米の販売店から「ターボがあれば、もっと売れる」と、多くのリクエストが上がった。たしかに、実際にバハで走行してみても、派手な外観にしては走りが大人し過ぎる印象があった。

いま北米市場で売上げ急上昇のスバルは、2001年に投入した「インプレッサWRX」の爆発的人気により、“ターボのスバル”としての認知度が高い。アメリカでは現在、三菱「ランサーエボリューションVIII」やポルシェ「カイエンS」など、特別なクルマに限定されるターボエンジン。それをより手ごろな価格、より一般的な車で気軽に楽しめるところが、スバルユーザーにウケている。
最近になって、インプレッサWRXは、女性層を中心にワゴンが人気。WRX全体販売量の、3割程度まで急上昇している。この流れをうまく活用すれば、バハターボの販売にも一気に火がつきそうな気配だ。

価格については後日発表。日本導入についても検討している模様だ。

【ニューヨークショー2003】スバル「バハターボ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。