【スペック】トヨタ・ヴォルツS(4AT):全長×全幅×全高=4365×1775×1605mm/ホイールベース=2600mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=178.8万円

トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】

2BOXまたは“ちょっと”ワイルド対決 2003.04.18 試乗記 トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はコレ」


トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】

トヨタ・ヴォルツ(1.8リッター=178.8-205.2万円)

1995年から2000年にかけて販売された「トヨタ(シボレー)キャバリエ」に続き、アメリカはGM社とのコラボレーションによって生まれたのが「ヴォルツ」。キャバリエの場合との違いは、キャバリエがGMからのOEM供給を受けてトヨタ・ブランドで売られたクルマであったのに対し、ヴォルツはGMとの共同開発の末に誕生したモデルであること。
とはいえ、デザインはトヨタのカリフォルニア・スタジオ「CALTY」からのアイディアをまとめたものだし、ハードウェアの開発もトヨタが担当したという。GMのネタにトヨタが手を加えた「ほとんどアメ車」だったキャバリエに比べると、ヴォルツの“血中日本車度”は、だからはるかに高いわけである。

そもそもはGMが「ポンティアック・ブランドで若者向けのベーシックモデルを発売したい」とトヨタに持ちかけたのが、このプロジェクトの発端。トヨタとしても「日本で何とか若者にアピールできるモデルを持ちたい」と、両者はたちまち“意気投合”した。そんなわけで、共にGMの工場で生産される「ポンティアック・ヴァイブ」と「トヨタ・ヴォルツ」とは瓜二つの双子車。日本のみで販売されるヴォルツとは別に、トヨタでは、北米での販売用に一部パネルのデザインを変えた「マトリックス」をカナダの自社工場で生産している。

トヨタ アレックス XS180(4AT):全長×全幅×全高=4175×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOCH16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=164.8万円

トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】


トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】

【ライバル車 その1】トヨタ・カローラランクス/アレックス(1.8リッター=164.8-200.8万円)

星の数ほどあり何でも揃う――ように思える日本車ラインナップのなかでも、「1.8リッター級の大きめ2BOX」というヴォルツのライバルとおぼしきモデルは見当たらない。で、何かないかな……と考えていると、実は“灯台もと”にこんなクルマを見つけた。「カローラランクス」「アレックス」だ。
ランクスとアレックスの1.8リッターモデルは、ヴォルツとエンジンラインナップを共にするクルマたちだ。というより、エンジンに限らず、シャシー部分まで両者は基本的に共通。そう、海の向こうの工場で生産されるヴォルツも、元をただせば“カローラ一族の一員”。そんなわけで、ヴォルツかランクスかはたまたアレックスかと迷った場合には、「どうぞどれでもお好きなものを!」というのがぼくのコメントだ。

もっとも、“走り”はランクス/アレックスの方が軽快だ。アメリカの環境に合わせて肥満化(!?)したヴォルツは、両者より100kg以上重いからである。
“GMの流儀”に配慮をしたためか、ヴォルツには日本車では常識であることが一部通用しなかったりもする。たとえば、ATのシフトポジション・インジケーターがメーターパネル内になかったり、ドライバー席のパワーウインドウのオートモードが「開」の側にしかつかなかったりする(アメリカ流の安全理論ゆえ)。ナビを装着すると純正品にもかかわらずGPSアンテナがダッシュ上に無造作に置かれるのも今の日本車では考えられないこと。そんなこんなでヴォルツの日常の使い勝手には、ちょっとアメリカンに大ざっぱなところが散見される。

【スペック】
スバル・フォレスターX20(4AT):全長×全幅×全高=4450×1735×1590mm/ホイールベース=2525mm/車重=1340kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4気筒SOHC16バルブ(137ps/5600rpm、19.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=195.0万円(写真は15インチアルミホイール装着車)

トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】


トヨタ・ヴォルツの「ライバル車はこれ」【ライバル車はコレ】

【ライバル車 その2】スバル・フォレスター(2.0リッター=178.5-198.5万円)

ヴォルツのスタイリングは、オーバーフェンダー風のサイド処理に前後バンパー下部のアンダーガードを彷彿とさせるデザインなど、ちょっとばかりワイルドなSUVテイストがある。というわけで、なかば強引に(?)選んだライバル車その2が、「スバル・フォレスター」。
ヴォルツの場合、4WDモデルになると、組み合わされるエンジンは“ローパワー仕様(132ps)”に限られる。MTも選べるハイパワー190psエンジンで乗りたいとなると、そこでチョイスができるシャシーはFWD(前輪駆動)のみだ。

今回のライバル対決、“走りのポテンシャルで選ぶ”というのであれば、オススメは迷わずフォレスターだ。ヴォルツの走りは全般に鈍重。車両重量は大差ないのにそんな風に感じるのは、エンジン排気量の違いによるものかも知れない。たとえ同じ自然吸気エンジン搭載モデルでも、フォレスターの加速の方が軽く感じるのは“プラス200ccの余裕”ということになるのだろう。
コーナリングやばね下の動きの軽快感でもフォレスターに分がある。ただし高速道路でのフラット感はヴォルツの勝ちだ。カローラセダンに端を発したトヨタの“NCV(ニューコンセプトヴィークル)”兄弟たちも、時が経つほどに熟成が進んでいることを、こんなところに感じる。

(文=河村康彦/2003年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る