トヨタ「デュエット」に特別仕様車

2003.04.14 自動車ニュース
 

トヨタ「デュエット」に特別仕様車

トヨタ自動車は、コンパクトカー「デュエット」に、装備を充実させた「1.0V“リミテッド”」と、装備追加に加えて外観をクラシカルに演出した「1.0V“クラシック”」、2種類の特別仕様車を設定し、2003年4月10日から販売を開始した。


TOP写真:デュエット1.0V“リミテッド”
写真下:同“クラシック”
 

今回の特別仕様車は、1リッターエンジンを積むベーシックグレード「V」(5MT&4AT/2WD&4WD)がベース。両モデルとも、プライバシーガラスや運転席上下シートアジャスター、マニュアルエアコンやCD付きオーディオなどを装着。持っているだけで、ドアの開錠やエンジンが始動できる「キーフリーシステム」対応の電子キーが2個備わり、快適性や利便性を向上させたという。

「1.0V“リミテッド”」は上記の装備に加え、電動格納式ドアミラーとドアハンドルをボディ同色化。インテリアは、専用シート&ドアトリム、CDカセット一体のラジオを装備する。価格は、ベース車の5.5万円高(4WDは4.5万円高)に設定された。

●デュエット1.0V“リミテッド”
2WD/5MT:98.8万円
2WD/4AT:106.8万円
4WD/5MT:113.3万円
4WD/4AT:121.3万円


“クラシック”のインテリア
 

「1.0V“クラシック”」は、ドアハンドルやバンパーガーニッシュ、ドアミラーなどにメッキパーツを採用し、エクステリアをクラシカルに演出。インテリアは、ウッド調センタークラスターと本革巻ステアリングホイールを装着。シート表皮とドアトリムは、レザー風となる。価格は、ベース車より14.5万円(4WDは13.5万円)高となる。

●デュエット1.0V“クラシック”
2WD/5MT:107.8万円
2WD/4AT:115.8万円
4WD/5MT:122.3万円
4WD/4AT:130.3万円

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る