トヨタ「デュエット」に特別仕様車

2003.04.14 自動車ニュース
 

トヨタ「デュエット」に特別仕様車

トヨタ自動車は、コンパクトカー「デュエット」に、装備を充実させた「1.0V“リミテッド”」と、装備追加に加えて外観をクラシカルに演出した「1.0V“クラシック”」、2種類の特別仕様車を設定し、2003年4月10日から販売を開始した。


TOP写真:デュエット1.0V“リミテッド”
写真下:同“クラシック”
 

今回の特別仕様車は、1リッターエンジンを積むベーシックグレード「V」(5MT&4AT/2WD&4WD)がベース。両モデルとも、プライバシーガラスや運転席上下シートアジャスター、マニュアルエアコンやCD付きオーディオなどを装着。持っているだけで、ドアの開錠やエンジンが始動できる「キーフリーシステム」対応の電子キーが2個備わり、快適性や利便性を向上させたという。

「1.0V“リミテッド”」は上記の装備に加え、電動格納式ドアミラーとドアハンドルをボディ同色化。インテリアは、専用シート&ドアトリム、CDカセット一体のラジオを装備する。価格は、ベース車の5.5万円高(4WDは4.5万円高)に設定された。

●デュエット1.0V“リミテッド”
2WD/5MT:98.8万円
2WD/4AT:106.8万円
4WD/5MT:113.3万円
4WD/4AT:121.3万円


“クラシック”のインテリア
 

「1.0V“クラシック”」は、ドアハンドルやバンパーガーニッシュ、ドアミラーなどにメッキパーツを採用し、エクステリアをクラシカルに演出。インテリアは、ウッド調センタークラスターと本革巻ステアリングホイールを装着。シート表皮とドアトリムは、レザー風となる。価格は、ベース車より14.5万円(4WDは13.5万円)高となる。

●デュエット1.0V“クラシック”
2WD/5MT:107.8万円
2WD/4AT:115.8万円
4WD/5MT:122.3万円
4WD/4AT:130.3万円

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:http://www.toyota.co.jp/

関連キーワード:
デュエットトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る