スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加

2003.04.14 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加

スズキは、同社の主力車種「ワゴンR」に、装備を簡略化して価格を引き下げた廉価グレード「A」と「B」を、2003年4月10日に発表した。「B」グレードは同日から、「A」グレードは5月から発売開始となる。

今回追加されたのは、「N-1」グレードからABSや電動格納式リモコンドアミラーなどの装備を簡略化し、価格を引き下げた廉価グレードである。

最も廉価な「A」にはオーディオすら付かないが、運転席・助手席エアバッグ、エアコン、パワーウィンドウ、パワーステアリングを標準装備。価格は、FF/5MT仕様が75.0万円に設定された。これは、従来のエントリーグレード「N-1」(FF/5MT)の88.0万円より13.0万円安い。
「B」グレードは「A」の装備に加え、キーレスエントリーシステム、パワードアロック、カセットステレオの快適装備を装着。リアワイパー&ウォッシャー、フルホイールキャップ、車体色同色ドアハンドル&ドアミラーなども備わる。価格は、FF/5段MT仕様で83.0万円。

なお、両グレードとも、前輪駆動(FF)モデルにはグリーン税制が適用され、2004年3月31日までに登録すると自動車取得税が9千円軽減される。新グレードの価格詳細は、以下の通り。

●ワゴンR
・「A」グレード
FF/5MT:75.0万円
FF/4MT:83.5万円
4WD/5MT:86.2万円
4WD/4AT:94.7万円
・「B」グレード
FF/5MT:83.0万円
FF/4AT:91.5万円
4WD/5MT:94.2万円
4WD/4AT:102.7万円

(webCG 本諏訪)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加の画像

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る