スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加

2003.04.14 自動車ニュース

スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加

スズキは、同社の主力車種「ワゴンR」に、装備を簡略化して価格を引き下げた廉価グレード「A」と「B」を、2003年4月10日に発表した。「B」グレードは同日から、「A」グレードは5月から発売開始となる。

今回追加されたのは、「N-1」グレードからABSや電動格納式リモコンドアミラーなどの装備を簡略化し、価格を引き下げた廉価グレードである。

最も廉価な「A」にはオーディオすら付かないが、運転席・助手席エアバッグ、エアコン、パワーウィンドウ、パワーステアリングを標準装備。価格は、FF/5MT仕様が75.0万円に設定された。これは、従来のエントリーグレード「N-1」(FF/5MT)の88.0万円より13.0万円安い。
「B」グレードは「A」の装備に加え、キーレスエントリーシステム、パワードアロック、カセットステレオの快適装備を装着。リアワイパー&ウォッシャー、フルホイールキャップ、車体色同色ドアハンドル&ドアミラーなども備わる。価格は、FF/5段MT仕様で83.0万円。

なお、両グレードとも、前輪駆動(FF)モデルにはグリーン税制が適用され、2004年3月31日までに登録すると自動車取得税が9千円軽減される。新グレードの価格詳細は、以下の通り。

●ワゴンR
・「A」グレード
FF/5MT:75.0万円
FF/4MT:83.5万円
4WD/5MT:86.2万円
4WD/4AT:94.7万円
・「B」グレード
FF/5MT:83.0万円
FF/4AT:91.5万円
4WD/5MT:94.2万円
4WD/4AT:102.7万円

(webCG 本諏訪)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

 
スズキ「ワゴンR」に廉価グレード追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る