「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦

2003.04.14 自動車ニュース

「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦

2003年5月31日から6月1日にかけて開催される「第31回ニュルブルクリンク24時間レース」に、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)がエンジンの技術支援を行う日産「スカイラインGT-R」(R34)が参戦する。

「ニュルブルクリンク24時間レース」は、ツーリングカー200台以上が、全長25.9kmの難コース、ニュルブルクリンクを攻める耐久レースだ。

今回NISMOが手がける2.8リッター「Z1エンジン」(RB26DETT改、約500ps)を搭載するGT-Rは、オーツタイヤのファルケン・モータースポーツがエントリーするもの。国内スーパー耐久シリーズ用のマシンをベースに、幅広タイヤを履くためのオーバーフェンダー、ニュルブルクリンクのコースに合わせたセッティングを施した専用サスペンションを装着。さらに、外板をカーボンに替え約50kgの軽量化に成功したほか、オーバーフェンダーの形状を従来のアーチ状からブリスター風に改め、空力面での向上も図った。

1999年からニュル24時間に挑戦しているファルケン・モータースポーツは、2002年に日本車最高位の総合5位入賞を果たした。
今年は、昨年同様、ローランド・アッシュ、ダーク・ショイスマン、木下隆之、田中哲也がステアリングを握り、さらなる好成績を目指すという。

(webCG 有吉)

「NISMO」:
http://www.nismo.co.jp/

 
「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦の画像

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
ホームへ戻る