「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦

2003.04.14 自動車ニュース

「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦

2003年5月31日から6月1日にかけて開催される「第31回ニュルブルクリンク24時間レース」に、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)がエンジンの技術支援を行う日産「スカイラインGT-R」(R34)が参戦する。

「ニュルブルクリンク24時間レース」は、ツーリングカー200台以上が、全長25.9kmの難コース、ニュルブルクリンクを攻める耐久レースだ。

今回NISMOが手がける2.8リッター「Z1エンジン」(RB26DETT改、約500ps)を搭載するGT-Rは、オーツタイヤのファルケン・モータースポーツがエントリーするもの。国内スーパー耐久シリーズ用のマシンをベースに、幅広タイヤを履くためのオーバーフェンダー、ニュルブルクリンクのコースに合わせたセッティングを施した専用サスペンションを装着。さらに、外板をカーボンに替え約50kgの軽量化に成功したほか、オーバーフェンダーの形状を従来のアーチ状からブリスター風に改め、空力面での向上も図った。

1999年からニュル24時間に挑戦しているファルケン・モータースポーツは、2002年に日本車最高位の総合5位入賞を果たした。
今年は、昨年同様、ローランド・アッシュ、ダーク・ショイスマン、木下隆之、田中哲也がステアリングを握り、さらなる好成績を目指すという。

(webCG 有吉)

「NISMO」:
http://www.nismo.co.jp/

 
「スカイラインGT-R」、ニュル24時間に参戦の画像

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る