スズキ、特別仕様車「ラパン・ベネトンバージョン」を発売

2003.04.11 自動車ニュース
 

スズキ、特別仕様車「ラパン・ベネトンバージョン」を発売

スズキは、大手カー用品販売会社のオートバックス、アパレルメーカーのベネトンとタイアップ。軽自動車「アルトラパン」をベネトンのデザインテイストでドレスアップした特別仕様車「ラパン・ベネトンバージョン」を、2003年4月10日に発表した。販売開始は4月24日から。


東京は表参道のカフェで開かれた発表会には、大勢の報道陣がつめかけた
 

■ファッション性と上級感

特別仕様車「ラパン・ベネトンバージョン」は、中核グレード「X」(2WD/4WD)をベースに、アパレルメーカー「ベネトン」のデザインで内外装をドレスアップしたモデルだ。

エクステリアは、フロントグリル中央とボディサイド、バックドアの3カ所に、鮮やかなグリーンのベネトンエンブレムを貼付。ホイールセンターキャップには、ベネトンのロゴマークが配された。ノーマルモデルでは四角形のサイドミラーを、クラシカルな丸形メッキタイプ(電動リモコン式)に変更。フロントグリル上下をクロームメッキとし、ファッション性と上級感の向上を図った。


ラパンのウサギマークに代わり、グリーンに白字のベネトンマークが配される。ベース車の「X」グレードはオーディオが標準装備されるが、ベネトンバージョンはすべてオーディオレスとなる
 

インテリアには、明るいグレーの専用シート生地&ドアトリムを採用。ステアリングホイール中央やフロントシートタグ、フロアマットなど、いたるところにベネトンマークを配した。さらに、ピンク/オレンジのシートクッションが付属する。

価格は、2WDが106.8万円、4WDは119.0万円。オーディオが備わらないかわりに、価格はベース車と同じにした。
スズキの代理店に加え、オートバックスでも販売される。なお、オートバックスのホームページ(http://www.autobacs.com/)では、全国のオートバックスで使える3.0万円の商品券などがあたる、先行予約キャンペーンを実施している。


ホイールセンターキャップには、ベネトンのロゴマーク
 

■3社3様の思惑

スズキ、オートバックス(株式会社オートバックスセブン)、ベネトンと、3社のタイアップによりつくられた今回の特別仕様車は、3社に何をもたらすのか。
オートバックスは、従来のカー用品小売り専門店から、新・中古車販売や車検サービスを行う「トータルカーライフサポート業」への転換を図っている。その一環として、ライトウェイトスポーツカー「ガライヤ」の開発や、スズキと代理店契約を結んでの新車販売など、業務拡大を推進してきた。オートバックスがスズキと車両を共同開発することで、オートバックスフランチャイズ店での新車販売が可能となり、同社の「トータルカーライフサポート」をアピールできるのだ。



 

加えて、オートバックスの顧客の約7割が男性。女性ユーザー率が7割〜8割という「アルトラパン」を店頭販売することで、新規顧客の開拓が見込める。一方、スズキは男性にラパンをアピールできるチャンスが増える、とシナジー効果が生まれるわけだ。

デザインを担当したベネトンはどうか。ベネトンジャパン広報宣伝部の渡辺教子部長によれば、軽自動車ナンバー1のシェアを誇るスズキは「しっかりした企業姿勢」があり、業務拡大を推進するオートバックスは「上昇志向をもっている」。両社のキャラクターが、「高品質でデザイン性の高いものを適正な価格で販売する、ベネトンの企業姿勢に合致した」という。ラパンが若い女性をメインターゲットにするのも「ベネトンと同じ」だと語った。今回のタイアップ企画には、3社3様のメリットがあるようである。

(webCGオオサワ)

「スズキ」:
http://www.suzuki.co.jp/

「オートバックス」:
http://www.autobacs.com/

「ベネトンジャパン」:
http://www.benetton.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
ホームへ戻る