【スペック】RX-8(5MT):全長×全幅×全高=4435×1770×1340mm/ホイールベース=2700mm/車重=1310kg/駆動方式=FR/水冷式直列654cc×2ローター(210ps/7200rpm、22.6kgm/5000rpm)/車両本体価格=240.0万円

マツダRX-8【試乗記(前編)】

執念の4シーター〜RX-8試乗報告(前編) 2003.04.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)“ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。

ふたりの仲を裂かんばかりに

栃木県は「ツインリンクもてぎ」のピットロードには、「マツダRX-8」が並んでいた。さっそくそのうちの1台のドアを開け、後席に座ってみる。
うーん、ちゃんと座れるじゃないか!
新しいロータリーモデルのコンセプトは、「NEW 4 Door Sports for 4 Adults」。大人4人が乗れる4ドアスポーツ、ということは、つまり世のオトウサン(クルマ好き)が、家族に言い訳しないで購入できるスポーツカーということで、豪気なヨメなら弱気なダンナのことなんて考えないで、ポン!とスポーツカーを買ってしまうから関係ないけれど、まあ、なにはともあれ、コンセプトに違わない生産車がラインオフされて、めでたいことである。

ちょっと、疑っていたんですね、ホントは。“フル4シーター”と謳ってはいるけれど、実は“プラス2に毛が生えた”程度なんじゃないか、と。
実車のリアシートは、クッションしっかり、座面がことさら落とし込まれていることもないし、膝前のスペースも十分。足先がすんなり前席の下に入るのもいい。バックレストはやや寝かされているけれど、不自然なほどではない。
……といった実用面とはうらはらに、後席のふたりの仲を裂かんばかりに縦断するセンタートンネルが、すごい。さすがは4シータースポーツ。RX-8、後席だけでもただ者ではない。



マツダRX-8【試乗記(前編)】の画像
ゴルフバッグを2つ入れることができるという、トランク容量は約290リッター(VDA法)。

ゴルフバッグを2つ入れることができるという、トランク容量は約290リッター(VDA法)。

コンパクト?

リポーターをひどく疑り深くしていたのが、RX-8のコンパクトなキャビンである。

ニューロータリースポーツ全体のフォルムは、前後のオーバーハング(タイヤより前後にはみだす部分)が切りつめられた、きわめて現代的かつスポーティなものだ。「トヨタ・カローラ」より70mm長いだけの4435mmの全長に、居住スペースを最大限確保すべく「同プレミオ/アリオン」と同じ2700mmのロングホイールベースが与えられた。

一方、サイドのウィンドウグラフィックスが工夫され、特にリアドアの窓面積を小さくすることで、居住部をグッと凝縮して見せる。実際には、太いCピラー、初代コスモスポーツにオマージュを捧げたリアガラスまでがキャビンで、ルーフラインも印象ほどには後ろに向かって下がっていない。十分な容量を得ながら、カッコ悪くなっていない。マツダのデザイナー、頑張ったなぁ。

限られたパイ

後席への乗降性のために大きなドアを設定すると、スタイルが間のびしてしまう。その解決策、RX-8のスタイリングを成立させたキモが、いうまでもなく、センターピラーをもたない観音開きの「フリースタイルドアシステム」である。単に奇をてらったものではない。
剛性確保および側面衝突への対応のため、ボディ側面、開口部まわりにグルリと、また、リアドア内部にもピラー代わりの補強材が入れられた。そのための重量増は、リアドアをアルミ化することで抑えられた。フル4シーターをスポーツカーらしくするのも楽じゃない。

RX-8の後部座席に座っていると、さまざまな考えが湧き上がってくる。太いCピラーゆえ、絶対的なスペースとは関係なく、閉塞感が強いからだ。考えごとに最適。フロントドアを開けないと、後ろのドアは開かない。つまり、自分ひとりでは出られない。子供が勝手に飛び出さなくていい、ともいえるが、それでは“4アダルツ”のコンセプトに反する。もしや、最初のボタンをかけ違えたのでは、と思わないでもないが……。

以前、オペルでカーデザインに従事している児玉英雄氏が、自動車専門誌『NAVI』の連載で、4ドアクーペを標榜した「ランティス」とRX-8を並べて描いて、「マツダのなかには、“4ドアクーペ”というコンセプトにこだわっているヒトがいるのでは……」と書いていらした。たぶん、広島の自動車メーカーには、スポーツカー好きの“含有量”が異例に高いのだろう。ミニバンでもファミリーカーでも、なんとかスポーツカーにしたい。一定のパイ以上にならない趣味性の強いマーケットを、どうにかしてビジネスと結びつけたい。そんなエンジニアの執念が、RX-8に結実したのでは……と考えているうちに、『webCG』の試乗車が戻ってきた。(つづく)

(文=webCGアオキ/写真=高橋信宏/2003年4月)

・マツダRX-8【短評(中編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013096.html
・マツダRX-8【短評(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000013097.html

 

関連記事
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • マツダ、「RX-8」最後の特別仕様車を増産 2012.4.26 自動車ニュース マツダは2012年4月26日、2011年11月に発売した「マツダ RX-8」の特別仕様車「SPIRIT R」を、当初予定していた1000台に加え、さらに1000台を追加生産すると発表した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る