【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

2003.04.10 自動車ニュース
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

2003年4月9日、東京は渋谷の代々木体育館で、世界で唯一の量産ロータリーモデル「RX-8」の発表会が行なわれた。動画付きで報告する。



 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

ロータリーエンジンの“おむすび型”ローターをかたどったステージにあらわれたのは赤い「RX-8」。なかから出てきたのは、そうそうたる面々だった。
ルイス・ブース代表取締役社長兼CEOが助手席から、運転席から開発を取り仕切った片渕昇 第3プラットフォーム・プログラム開発推進室主査、ジマンの観音開きドアを開いて後部座席から出てきた前田育男アドバンスデザインスタジオチーフデザイナー、そしてエンジンを手がけた第2エンジン開発部RE設計グループの田島誠司氏が姿を見せた。


マツダ株式会社 ルイス ブース 代表取締役社長(CEO)
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

■エンジンルームに“マツダの魂”

ブース社長は、「RX-8によって、ふたつの夢が実現した」と挨拶を始めた。ひとつめは、発展型ロータリー「RENESISエンジン」、ふたつめは、「RX-7」の後継たる「RX-8」。
社長が自信をもって紹介した「RX-8」は、これからのマツダが理想とする姿を具現化した、ブランドアイコン的存在。マツダの基本理念、”デザイン”“走りの良さ”“夢を叶える実用車”の3要素が凝縮されているという。
観音開き「フリースタイルドア」や大人4人が乗れるレイアウト、低く抑えた価格などは、果敢な挑戦の結果によるもの。しかし最大のハイライトは、やはりロータリーエンジン「RENESIS」だろう。数ある量産車のなかで、このモデルにしか載らない「ヴァンケルユニット」は、マツダの技術力の結晶、いわばマツダの“魂”がそこにあるのだ。


ロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

【魂】


左から、
第3プラットフォーム・プログラム開発推進室 片渕昇 主査
アドバンスデザインスタジオ 前田育男 チーフデザイナー
第2エンジン開発部 RE設計グループ 田島誠司氏
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

■運転を楽しんで欲しい

続いて、壇上にあがった、開発に携わった3人が、それぞれ「RX-8」の魅力を語った。
ロータリーエンジンを“恋人”と言うのは田島氏。こだわったのは、加速のフィーリング、環境への配慮、運転する楽しさという。
「マツダでしか表現できない部分を大事にした」というのは、チーフデザイナーの前田氏。コンパクトなロータリーエンジンがもたらすスペースが、デザインの自由度を高め、躍動感あるスポーツカーらしいデザインを完成させた、と胸を張る。室内にロータリーをモチーフにしたいくつものデザインと取り入れてあるので、それを楽しんで欲しい、とアピール。
「社員の“スポーツカーが好き”という気持ちが、RX-8の完成度を高めた」と話すのは、主査の片渕氏。大役を終えたというホッとした顔つきが印象的だった。その模様を動画にてお伝えする。


自慢の「フリースタイルドア」
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

【好】

(撮影/編集=カネヨシ)


広い体育館の発表会場には、マツダの歴代ロータリーカーも展示されていた。
 
【Movie】マツダ「RX-8」発表会場から

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RX-8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダRX-8【試乗記(前編)】 2003.4.10 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    “ワールドワイドに待望の(!?)”ロータリースポーツが帰ってきた。「マツダRX-8」。フル4シーターにして、210/250ps。しかも、240.0万円からという魅力的な価格が設定されて……。『webCG』記者が、ツインリンクもてぎで乗った。


  • マツダRX-8【試乗記(後編)】 2003.4.13 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • マツダRX-8【試乗記(中編)】 2003.4.12 試乗記 マツダRX-8(240.0-275.0万円)

    復活したロータリースポーツ「マツダRX-8」。4シータースポーツの3つのグレードを、『webCG』記者が「ツインリンクもてぎ」で試乗した。


  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
ホームへ戻る