ポルシェ「カレラGT」の受注開始

2003.04.09 自動車ニュース
 

ポルシェ「カレラGT」の受注開始

ポルシェジャパンは、2003年3月の「ジュネーブモーターショー」で発表されたニューモデル「カレラGT」の受注を、2003年4月1日に開始した。


カレラGTのインパネ(2003年のジュネーブショーから)
 

気になる価格は39万2300ユーロ、日本円で約5020.0万円。車両提供が決まったら、前受金として4万ユーロ(500万円強)を支払い、入金確認後に正式受注となる。2003年秋から生産が始まり、2005年までに1500台が生産される。ポルシェジャパンの広報担当によれば、受注状況は好調とか。ただし、日本への割り当て台数などは未定という。

「ジュネーブモーターショー」で正式発表された「カレラGT」は、レーシングカー由来のCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)製モノコックシャシーに、5.7リッターV10をミドに積むロードスター。最高出力612psを誇り、0-100km/hを3.9秒、200km/hまで僅か9.9秒で到達するスーパースポーツだ。詳細は、以下のリンクを参照されたし。

【ジュネーブショー2003】ポルシェ「カレラGT」詳報:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000012862.html

(webCGオオサワ)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る