ポルシェ「カレラGT」の受注開始

2003.04.09 自動車ニュース
 

ポルシェ「カレラGT」の受注開始

ポルシェジャパンは、2003年3月の「ジュネーブモーターショー」で発表されたニューモデル「カレラGT」の受注を、2003年4月1日に開始した。


カレラGTのインパネ(2003年のジュネーブショーから)
 

気になる価格は39万2300ユーロ、日本円で約5020.0万円。車両提供が決まったら、前受金として4万ユーロ(500万円強)を支払い、入金確認後に正式受注となる。2003年秋から生産が始まり、2005年までに1500台が生産される。ポルシェジャパンの広報担当によれば、受注状況は好調とか。ただし、日本への割り当て台数などは未定という。

「ジュネーブモーターショー」で正式発表された「カレラGT」は、レーシングカー由来のCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)製モノコックシャシーに、5.7リッターV10をミドに積むロードスター。最高出力612psを誇り、0-100km/hを3.9秒、200km/hまで僅か9.9秒で到達するスーパースポーツだ。詳細は、以下のリンクを参照されたし。

【ジュネーブショー2003】ポルシェ「カレラGT」詳報:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000012862.html

(webCGオオサワ)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る