ポルシェ「カレラGT」の受注開始

2003.04.09 自動車ニュース
 

ポルシェ「カレラGT」の受注開始

ポルシェジャパンは、2003年3月の「ジュネーブモーターショー」で発表されたニューモデル「カレラGT」の受注を、2003年4月1日に開始した。


カレラGTのインパネ(2003年のジュネーブショーから)
 

気になる価格は39万2300ユーロ、日本円で約5020.0万円。車両提供が決まったら、前受金として4万ユーロ(500万円強)を支払い、入金確認後に正式受注となる。2003年秋から生産が始まり、2005年までに1500台が生産される。ポルシェジャパンの広報担当によれば、受注状況は好調とか。ただし、日本への割り当て台数などは未定という。

「ジュネーブモーターショー」で正式発表された「カレラGT」は、レーシングカー由来のCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)製モノコックシャシーに、5.7リッターV10をミドに積むロードスター。最高出力612psを誇り、0-100km/hを3.9秒、200km/hまで僅か9.9秒で到達するスーパースポーツだ。詳細は、以下のリンクを参照されたし。

【ジュネーブショー2003】ポルシェ「カレラGT」詳報:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000012862.html

(webCGオオサワ)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • 最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場 2017.10.10 自動車ニュース