ポルシェ「カレラGT」の受注開始

2003.04.09 自動車ニュース
 

ポルシェ「カレラGT」の受注開始

ポルシェジャパンは、2003年3月の「ジュネーブモーターショー」で発表されたニューモデル「カレラGT」の受注を、2003年4月1日に開始した。


カレラGTのインパネ(2003年のジュネーブショーから)
 

気になる価格は39万2300ユーロ、日本円で約5020.0万円。車両提供が決まったら、前受金として4万ユーロ(500万円強)を支払い、入金確認後に正式受注となる。2003年秋から生産が始まり、2005年までに1500台が生産される。ポルシェジャパンの広報担当によれば、受注状況は好調とか。ただし、日本への割り当て台数などは未定という。

「ジュネーブモーターショー」で正式発表された「カレラGT」は、レーシングカー由来のCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)製モノコックシャシーに、5.7リッターV10をミドに積むロードスター。最高出力612psを誇り、0-100km/hを3.9秒、200km/hまで僅か9.9秒で到達するスーパースポーツだ。詳細は、以下のリンクを参照されたし。

【ジュネーブショー2003】ポルシェ「カレラGT」詳報:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000012862.html

(webCGオオサワ)

「ポルシェジャパン」:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る