トヨタ「bB」マイナーチェンジ

2003.04.09 自動車ニュース

トヨタ「bB」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、2ボックスデザインのコンパクトカー「bB」にマイナーチェンジを施し、2003年4月8日に発売した。

エクステリアとインテリアの変更が主な内容。エンジン及びトランスミッションなどの機関面は、そのままキャリーオーバーされた。

エクステリアは、前後バンパーを大型化するとともに、アンダースポイラーを装着。加えて、フロントバンパーグリルをメッシュタイプに変更し、力強くスポーティなスタイリングを演出した。なお、同じ外観の車両を、米国におけるトヨタの若者向けブランド「SCION(サイオン)」を通して、「xB」として米国市場で発売することも明らかになった。
インテリアは、センタークラスター部やステアリングホイールを新意匠のものとし、質感の向上が図られた。またカップホルダー部に照明を追加するなど、利便性も高めたという。

モデルラインナップに、UVカット機能付きプライバシーガラスや、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを装備する「S Wバージョン」が加わったことも新しい。なお、今回のマイナーチェンジに合わせて、「ウェルキャブ」にも同様の変更が施されたほか、新設定の「S Wバージョン」のウェルキャブ仕様も設定された。

マイナーチェンジの詳しい内容は、下記の通り。

●エクステリア
・フロント/リアバンパーをそれぞれ60mmと120mm延長
・フロント/リアアンダースポイラー、ハニカムメッシュタイプのフロントバンパーグリル採用
・リアライセンスプレートを、バンパーからバックドアへ移動、大型カラードリアライセンスガーニッシュの採用
・カラーバリエーションを、新色4色を含む7色に拡大

●インテリア
・センタークラスター及びセンター部のデザイン変更
・ステアリングホイールの質感向上
・カップホルダーデザイン変更
・イルミネーテッドエントリー、電気式バックドアオープナー、センターロアボックスを全車標準装備
・フロントウィンドウを赤外線カットガラスに変更
・VSC(Vehicle Stability Control)とTRC(Traction Control System)をオプション設定(Z Xバージョン)
・ディスチャージヘッドランプ採用(S Xバージョン、Z Xバージョン)


詳しい価格は、以下の通り。(カッコ内は前モデル比)

・1.3リッターモデル(FF/4AT)
S:125.8万円(+4.0万円)
S Wバージョン:126.8万円
S Xバージョン:141.8万円

・1.5リッターモデル(FF/4AT)
Z:146.8万円(+1.0万円)
Z Xバージョン:162.8万円(+5.0万円)

・1.5リッターモデル(4WD/4AT)
S:145.8万円(-4.0万円)
S Wバージョン:146.8万円
S Xバージョン:161.8万円
Z:162.8万円
Z Xバージョン:178.8万円(+5.0万円)

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「bB」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/bB/

 
トヨタ「bB」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
bBトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • ダイハツ、販売会社向けに「トール」の特別仕様ベース車両を設定 2018.5.10 自動車ニュース ダイハツが、コンパクトカー「トール」に販売店ごとの特別仕様車の設定を可能とする「販売会社特別仕様ベース車両」を設定。同時に「トールカスタム」に新しいディーラーオプション「エアロスタイリッシュパック」を追加設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る