トヨタ「bB」マイナーチェンジ

2003.04.09 自動車ニュース

トヨタ「bB」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、2ボックスデザインのコンパクトカー「bB」にマイナーチェンジを施し、2003年4月8日に発売した。

エクステリアとインテリアの変更が主な内容。エンジン及びトランスミッションなどの機関面は、そのままキャリーオーバーされた。

エクステリアは、前後バンパーを大型化するとともに、アンダースポイラーを装着。加えて、フロントバンパーグリルをメッシュタイプに変更し、力強くスポーティなスタイリングを演出した。なお、同じ外観の車両を、米国におけるトヨタの若者向けブランド「SCION(サイオン)」を通して、「xB」として米国市場で発売することも明らかになった。
インテリアは、センタークラスター部やステアリングホイールを新意匠のものとし、質感の向上が図られた。またカップホルダー部に照明を追加するなど、利便性も高めたという。

モデルラインナップに、UVカット機能付きプライバシーガラスや、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを装備する「S Wバージョン」が加わったことも新しい。なお、今回のマイナーチェンジに合わせて、「ウェルキャブ」にも同様の変更が施されたほか、新設定の「S Wバージョン」のウェルキャブ仕様も設定された。

マイナーチェンジの詳しい内容は、下記の通り。

●エクステリア
・フロント/リアバンパーをそれぞれ60mmと120mm延長
・フロント/リアアンダースポイラー、ハニカムメッシュタイプのフロントバンパーグリル採用
・リアライセンスプレートを、バンパーからバックドアへ移動、大型カラードリアライセンスガーニッシュの採用
・カラーバリエーションを、新色4色を含む7色に拡大

●インテリア
・センタークラスター及びセンター部のデザイン変更
・ステアリングホイールの質感向上
・カップホルダーデザイン変更
・イルミネーテッドエントリー、電気式バックドアオープナー、センターロアボックスを全車標準装備
・フロントウィンドウを赤外線カットガラスに変更
・VSC(Vehicle Stability Control)とTRC(Traction Control System)をオプション設定(Z Xバージョン)
・ディスチャージヘッドランプ採用(S Xバージョン、Z Xバージョン)


詳しい価格は、以下の通り。(カッコ内は前モデル比)

・1.3リッターモデル(FF/4AT)
S:125.8万円(+4.0万円)
S Wバージョン:126.8万円
S Xバージョン:141.8万円

・1.5リッターモデル(FF/4AT)
Z:146.8万円(+1.0万円)
Z Xバージョン:162.8万円(+5.0万円)

・1.5リッターモデル(4WD/4AT)
S:145.8万円(-4.0万円)
S Wバージョン:146.8万円
S Xバージョン:161.8万円
Z:162.8万円
Z Xバージョン:178.8万円(+5.0万円)

(webCG 本諏訪)

トヨタ自動車「bB」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/bB/

 
トヨタ「bB」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

bBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る