【スペック】全長×全幅×全高=4770×1875×1790mm/ホイールベース=2790mm/車重=1880kg/駆動方式=パートタイム4WD/2.7リッター直4DOHC16バルブ(150ps/4800rpm、24.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=301.0万円(テスト車=377.2万円)

トヨタ・ハイラックスサーフ2700ガソリン 4WD SSR-G(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ハイラックスサーフ2700ガソリン 4WD SSR-G(4AT) 2003.04.08 試乗記 ……377.2万円総合評価……★★★★

睥睨して走る

1960年代に、1トン積みトラックとしてスタートした「ハイラックス」だが、時は流れ、「ハイラックスサーフ」になって3代目にあたる先代からは、ジープ系「ランドクルーザープラド」と姉妹車に。4代目になったいまは、「ラダーフレーム+リアのリジッドサス」というヘビィデューティなスペックはそのままに、乗用車化するライバルに負けまいと、オンロードでの乗り心地がグッとリファインされた。
テスト車の「2700SSR-G」においては、“木目調ならぬ石目調パネルが付く最廉価バージョン”というよりも、“4輪のサスペンションを有機的に結ぶX-REASを装備する小排気量版”というよりも、“メカはともかく、プラス26.5万円で本革内装が選べる”のがいちばん大事かも。路上で「マークII」や「ウィンダム」を睥睨するヨロコビ。アメリカン調SUV。プラドより、ちょっと若向き。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「ランドクルーザー プラド」と、エンジンやフレームなどを共用する「ハイラックス サーフ」。現行モデルは、2002年10月7日にフルモデルチェンジを受けた4代目。高級&上質指向のプラド、若者向けのサーフとキャラクターが分けられる。プラドには3ドアが設定されるが、サーフは5ドアモデルのみとなる。
メカニズムは、基本的にプラドと同じだが、高度な電制4WDシステムをもつプラドに対し、ハイラックスはコンベンショナルに、「2WD-4WD」をスイッチで切り替えるタイプを採用。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアはリジッド式だ。
エンジンは、2.7リッター直4DOHC16バルブ(150ps/4800rpm、24.0kgm/4000rpm)と、3.4リッターV6DOHC24バルブ(185ps/4800rpm、30.0kgm/3600rpm)のガソリンエンジンに加え、コモンレール式ディーゼルの3リッター直4DOHCターボ・インタークーラー付き(170ps/3400rpm、35.9kgm/1400〜3400rpm)の3種類が用意される。トランスミッションはすべて4段AT。
(グレード概要)
ハイラックスサーフのトリムレベルは、上級版「SSR-G」と標準グレード「SSR-X」に大別される。後者には、さらにフェンダー、バンパーなどがメタリックになり、スチールホイールを履く廉価版「アメリカンバージョン」もカタログに載る。SSR-Xには4WDほかFR(後輪駆動)の2駆モデルも用意されるが、テスト車の「SSR-G」は4駆のみ。
SSR-Xと比較して、タイヤが65扁平の17インチとスポーティなものになり、前後にフォグランプを装着。機関上では、4輪のダンパーを対角線上に結んで、中間に置かれたユニットが減衰力を補助して走行安定性を高める「X-REAS」を搭載するのが大きな違い。インテリアでは、ステアリングホイールが革巻きになり、パネル類が「メタル調」から「石目調(!)」に変更される。本革内装をオプションで選べるのもSSR-Gだけだ。



トヨタ・ハイラックスサーフ2700ガソリン 4WD SSR-G(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ハイラックスサーフ2700ガソリン 4WD SSR-G(4AT)【ブリーフテスト】の画像
クリックすると座席が倒れる様がご覧になれます。

クリックすると座席が倒れる様がご覧になれます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
アッケラカンと機能的にまとめられたインパネまわり。インテリアカラーは、テスト車のベージュのほかグレーが用意される。多少よごれが気になるかもしれないが、ベージュの方が車内が明るく楽しげ。革内装のありがたみも増す、ような気がする。全体にデザイン面の主張は曖昧だが、パーツで見ると、5(または4)方向に傾けることで機能を選ぶ皿型(?)ダイヤルが目につく新しい試み。助手席側のエアバッグは、その装備を意識させない「インビジブル」仕様となった。エアバッグも、装着を主張する必要がなくなったほど、一般化したわけだ。
(前席)……★★★
外観から想像するより、床が高いのが第一印象。数値的には、先代より25mm低くされたのだが。とはいえ、ヘッドクリアランスはじゅうぶん。7ウェイの本革シートの座り心地も、しっかりしていてイイ。運転席側には、やはり電動のランバーサポートが付く。トンネルコンソールの大きなモノ入れは便利。その前に、小さな小物入れがあるのが、また便利。さらに、二人分のカップホルダーが、ATシフター前に用意される。
(後席)……★★★
旧型より前後に28mm広くなったリアシート。膝前、頭上とも、スペーシィ。が、前席同様フロアが高いため、実際に腰かけると、思いのほかゆったりできない。実用上は問題ないが。
大きなアームレストには、二人分のカップホルダーが仕組まれる。トンネルコンソール後端に、リアシート用のエアコン噴き出し口が備わる。ゴミ袋を固定するための「トラッシュホルダー」はご愛敬。
(荷室)……★★★★
ボディサイズ相応に大きなラゲッジルーム。床面最大幅142cm、奥行き100cm。SSR-Gは、トレイを利用して、上下2つに仕切ることも可能だ。リアガラスは、運転席のスイッチまたはカギにつくリモートコントロール機能で上下できる贅沢なもの。荷物の出し入れに便利。閉め忘れて走ると寒い。
なお、テスト車は10スピーカーの「JBL SYNTHESISプレミアムサウンドシステム」をオプション装備(38.7万円)しているため、荷室内に2つのスピーカーとひとつのウーハーが設置される。ただ、JBLを選ぶと、ラゲッジルーム後端上部左右にはめ込まれた2つの補助ミラーが装着されなくなるのが残念。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
平成12年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆)を達成した2.7リッターユニット。最高出力150ps、最大トルク24.0kgm。3.4リッターV6比35psと6.0kgm小さなアウトプットで、1800kg超のボディを動かす。「さぞや遅いだろう」と思うが、クルマの性格ゆえか、意外に気にならない。街乗りに使うなら、十分だろう。実用燃費も妥当なところだ。
4WDシステムは、センターデフにトルセン式を採用。通常、前:後=4:6で駆動力が配分される。「2駆-4駆」は、コンソール上のダイヤル式スイッチで切り替え可。同様に、センタークラスター上のスイッチで、前後を直結するデフロックも選択できる。ハイラックスサーフの上級グレードたる「SSR-G」は、テスト車のように、リアにLSDをオプション装着(3.0万円)して、走破性をさらに向上させることができる特権付き。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
ラダーフレームから見直された新しいシャシー。オンロードでは、“フレーム付き”とはにわかに信じられない乗り心地のよさを見せる。全体にソフトだ。ハンドリングは、クルマの性格通り(?)大ざっぱなものだが、ステアリング操作に対する挙動の遅れ、過大なロール、といった従来のクロカンに見られがちだった欠点が、大いに改善された。法定速度内で走るぶんには、ハイウェイクルージングも安楽なもの。

(写真=永嶋勝美)



【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年12月11日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:2320km
タイヤ:(前)265/65R17 112S(後)同じ(いずれもブリヂストン Dueler H/T840)
オプション装備:リアLSD(3.0万円)/前席サイド&カーテンエアバッグ+スライド機構付きサンバイザー(8.0万円)/本革シート+7ウェイアジャスタブル機構付き本革パワーシート+合皮ドアトリム(石目調)(26.5万円)/JBL SYNTHESISプレミアムサウンドシステム(DVDナビゲーションシステム+ラジオ/カセット/MD/CD+10スピーカー/38.7万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:245.9km
使用燃料:35.0リッター
参考燃費:7.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る