シトロエン、「サクソ」の最後モデルは特別仕様車

2003.04.07 自動車ニュース
 

シトロエン、「サクソ」の最後モデルは特別仕様車

シトロエンジャポンは、コンパクトハッチ「サクソ」に、特別仕様車「スーパー1600」を60台限定で設定。2003年4月5日と6日に開催される統一展示会「PREMIER ANNIVERSAIRE」(シトロエンジャポン1stアニバーサリー)で販売を開始した。


2001年と2002年に、ジュニアWRCでチャンピオンに輝いたシトロエン「サクソ」
 

「サクソ・スーパー1600」は、3ドアハッチバック「サクソVTS」最終生産分のうちの60台に、特別装備を付与したもの。日本で正規に購入できる最後のサクソとなる(ノーマルモデルの在庫分を除く)。

サクソが世界ラリー選手権(WRC)の“スーパー1600”カテゴリー(現在の“ジュニアWRC”)において、2001年と2002年、連続チャンピオンに輝いたことに因んで名付けられたこの特別仕様車。スポーティを演出すべく、シトロエンのモータースポーツ部門「シトロエン・スポール」のパーツを装着した内容。サクソVTSより1インチ大きい15インチアルミホイールなどを装備しながら、価格をVTSの5.0万円高の207.9万円に抑え、お買い得感を出した。
なお、特別仕様車を成約すると、特典としてシトロエン・スポールのオリジナルグッズがプレゼントされる。


特典のシトロエン・スポールのオリジナルグッズ
 

特別装備の詳細は、以下の通り。

●専用装備
・15インチアルミホイール&195/45R15タイヤ
・専用リアスポイラー
・シトロエン・スポール・コレクション・アルミフューエルフィラーキャップ、アルミペダルカバー、ステップガード
・シトロエン・スポール・オリジナルデカール
・ミシュラン・オリジナルデカール

●ボディ色
・「ルージュ・アルダン」(赤、スーパー1600専用色)
・「ノアール・オニキス」(濃いグリーン)
・「ジョーヌ・エリオドール」(ゴールド)

●成約記念品
・シトロエン・スポール・オリジナルグッズ(ブルゾン、Tシャツ、スポーツバッグの3点セット)

(webCGオオサワ)

「シトロエンジャポン」:
http://www.citroen.co.jp/

関連キーワード:
サクソシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る